『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=62278)

EID=62278EID:62278, Map:0, LastModified:2016年12月13日(火) 15:43:47, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間社会文化講座 [継承]
著者 (必須): 1.石井 健二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Study of Image Presentation Techniques since the Mid-19th Century -9  (日) 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究ー9   [継承]
副題 (任意): (英) Reproduction of Wet Collodion Process  (日) 湿板写真技法の再現   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 湿板印画法とは,長年の間世界の各国で使用され工業生産された技法で,特に写真製版技術界では1970年代まで使用されていた技法である. 湿板写真に必要なものは透明なガラス板と硝酸銀の水溶液である.写真技術者は撮影現場において現在のフイルムに該当する感光剤を製造しなければならない.ヨウ化コロジオン溶液を塗布したガラス板を硝酸銀溶液中に浸すことによりヨウ化銀ができる. 今回の実験では,初期の銀塩写真技法を代表し日本においても幕末に実用化された湿板印画技法についての再現を行った.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 徳島大学.総合科学部.人間社会学科 (1993年4月1日〜) [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部人間社会文化研究 ([徳島大学.総合科学部])
(resolved by 0919-9411)
ISSN: 0919-9411 (pISSN: 0919-9411)
Title: 徳島大学総合科学部人間社会文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-3468)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須):
(必須): 139 152 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1998年 2月 20日 (平成 10年 2月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石井 健二 : 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究ー9, --- 湿板写真技法の再現 ---, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.5, (号), 139-152, 1998年.
欧文冊子 ● KENJI Ishii : A Study of Image Presentation Techniques since the Mid-19th Century -9, --- Reproduction of Wet Collodion Process ---, Journal of Human Sciences and Arts Faculty of Integrated Arts and Sciences The University of Tokushima, Vol.5, (号), 139-152, 1998.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.29, Max(EID) = 374153, Max(EOID) = 1001966.