『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=60398)

EID=60398EID:60398, Map:0, LastModified:2018年7月25日(水) 18:20:59, Operator:[堀内 信也], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[堀内 信也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Horiuchi (日) 堀内 (読) ほりうち [継承]
(必須): (英) Shinya (日) 信也 (読) しんや [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) DDS, PhD (日) 博士(歯学) (読)
授与組織 (推奨): 徳島大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 2010年 9月 17日 (平成 22年 9月 17日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 徳島大学.歯学部.歯学科
卒業年月日 (推奨): 西暦 1992年 3月 20日 (平成 4年 3月 20日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 2012年1月 1日〜)  講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
2.(期間: 2007年4月 1日〜2011年12月 31日)  助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
3.(期間: 〜2007年3月 31日)  助手 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2003年10月 1日〜)  徳島大学.病院.診療科.矯正歯科 (2003年10月1日〜) [継承]
2.(期間: 2004年4月 1日〜2008年7月 31日)  大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
3.(期間: 〜2004年3月 31日)  徳島大学.歯学部.歯学科.発達育成系臨床歯学講座.口腔顎顔面矯正学 (歯科矯正学講座) [継承]
電子メール (必須): hōŗīū (@tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp [継承]
電話 (推奨): **** [学内]
電話2 (推奨): **** [学内]
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨):
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意): **** [職員]
住所 (任意): **** [職員]
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨):
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.35310514300 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 堀内 信也, Shinya Horiuchi, [Email] horiu@tokushima-u.ac.jp, [職名・学位] 講師・博士(歯学), [専門分野] 歯科矯正学, [所属学会] 日本矯正歯科学会中·四国矯正歯科学会日本口蓋裂学会日本顎関節学会四国歯学会日本顎変形症学会, [社会活動] , [研究テーマ] 矯正治療後における後戻り様相に関する研究, フッ化シリケート塩による資質強化法に関する研究, [キーワード] フッ素, ケイ素, フルオロアパタイト, 開咬, 後戻り, [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Shinya Horiuchi, [Email] horiu@tokushima-u.ac.jp, [Title, Degree] Associate Professor・DDS, PhD, [Field of Study] Orthodontics, [Academic Society] Japanes Orthodontic SocietyChu-Shikoku Orthodontic SocietyJapanese Cleft Palate AssociationJapanese Society for Temporomandibular JointShikoku Society of Dental ResearchThe Japanese Society for Jaw Deformities, [Social Activity] , [Theme of Study] 矯正治療後における後戻り様相に関する研究, フッ化シリケート塩による資質強化法に関する研究, [Keyword] fluorine, silicon, fluoroapatite, open bite, 後戻り, [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(堀内 信也)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【共同研究】…(1) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【研究活動】…(10) 閲覧【授業概要】…(29) 閲覧【賞】…(7) 閲覧【組織】…(6)
閲覧【担当授業】…(67) 閲覧【著作】…(169) 閲覧【役歴】…(1) 閲覧【履歴】…(4)

この個人(堀内 信也)が所有している情報

閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【個人】…(2) 閲覧【雑誌】…(1)
閲覧【賞】…(3) 閲覧【組織】…(1) 閲覧【担当授業】…(72) 閲覧【著作】…(47)
閲覧【役歴】…(2) 閲覧【履歴】…(4)

この個人(堀内 信也)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(1) 閲覧【学会活動】…(6) 閲覧【共同研究】…(1) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【研究活動】…(10) 閲覧【授業概要】…(29) 閲覧【賞】…(7) 閲覧【担当授業】…(67)
閲覧【著作】…(179) 閲覧【役歴】…(2) 閲覧【履歴】…(4)
Number of session users = 0, LA = 1.50, Max(EID) = 360752, Max(EOID) = 966299.