『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=392794)

EID=392794EID:392794, Map:0, LastModified:2022年11月14日(月) 11:32:12, Operator:[大髙 章], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大髙 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学 (2015年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.薬学研究科.創薬科学専攻 (2012年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hayashi JUNYA (日) 林 隼矢 (読) はやし じゅんや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) Kobayashi Daishiroh (日) 小林 大志朗 (読) こばやし だいしろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) アシルイミニウムカチオンを経由したペプチド主鎖修飾反応の開発   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第48回反応と合成の進歩シンポジウム (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) (日) 千葉市 (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2022年 11月 29日 (令和 4年 11月 29日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨): 1.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
2.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 林 隼矢, 小林 大志朗, 傳田 将也, 大髙 章 : アシルイミニウムカチオンを経由したペプチド主鎖修飾反応の開発, 第48回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2022年11月.
欧文冊子 ● JUNYA Hayashi, Daishiroh Kobayashi, Masaya Denda and Akira Otaka : アシルイミニウムカチオンを経由したペプチド主鎖修飾反応の開発, 第48回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), Nov. 2022.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.37, Max(EID) = 406933, Max(EOID) = 1103067.