『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=390238)

EID=390238EID:390238, Map:0, LastModified:2022年8月19日(金) 18:16:31, Operator:[安井 武史], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安井 武史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所 (2019年3月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域 (2015年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.加治佐 平 (東洋大学)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.矢野 隆章 ([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.大塚 邦紘 ([徳島大学.病院.先端歯科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.九十九 伸一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.生体防御医学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5.坂根 亜由子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.生化学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.駒 貴明 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.微生物病原学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
7.野間口 雅子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.微生物病原学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.安友 康二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.生体防御医学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.佐々木 卓也 ([徳島大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.安井 武史 ([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) SARS-CoV-2由来RNAの高感度検出に向けたプラズモニックバイオセンサ   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 応用物理学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 16p-Z22-13 16p-Z22-13 [継承]
都市 (必須): オンライン (Online) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2021年 3月 16日 (令和 3年 3月 16日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 加治佐 平, 矢野 隆章, 大塚 邦紘, 九十九 伸一, 坂根 亜由子, 駒 貴明, 野間口 雅子, 安友 康二, 佐々木 卓也, 安井 武史 : SARS-CoV-2由来RNAの高感度検出に向けたプラズモニックバイオセンサ, 第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, 16p-Z22-13, 2021年3月.
欧文冊子 ● Taira Kajisa, Taka-aki Yano, Kunihiro Otsuka, Shin-ichi Tsukumo, Ayuko Sakane, Takaaki Koma, Masako Nomaguchi, Koji Yasutomo, Takuya Sasaki and Takeshi Yasui : SARS-CoV-2由来RNAの高感度検出に向けたプラズモニックバイオセンサ, 第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, 16p-Z22-13, March 2021.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.33, Max(EID) = 393818, Max(EOID) = 1066532.