『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=384167)

EID=384167EID:384167, Map:0, LastModified:2022年8月11日(木) 21:03:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大髙 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学 (2015年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.薬学研究科.創薬科学専攻 (2012年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.薬学部.創製薬科学科.創薬学講座.機能分子合成薬学 (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Sato Daiki (日) 左東 大輝 (読) さとう だいき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tsunematsu Honoka (日) 常松 保乃加 (読) つねまつ ほのか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4.田中 直伸 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.生薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Konishi Isamu (日) 小西 勇夢 (読) こにし いさむ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6. (英) Komiya Chiaki (日) 小宮 千明 (読) こみや ちあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
7. (英) Shigenaga Akira (日) 重永 章 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Late-stage macrolactonisation enabled by tandem acyl transfers followed by desulphurisation  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Intramolecular -acylation of a thiol-installed threonine with a thioester unit, followed by S-O acyl transfer and subsequent desulphurisation, allows the synthesis of lactone peptides. A protocol has been developed enabling the cyclisation of a linear peptide, a reaction which has not been achieved by conventional methods.  (日)    [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Lactones (日) (読) [継承]
2. (英) Molecular Structure (日) (読) [継承]
3. (英) Peptides (日) (読) [継承]
4. (英) Sulfhydryl Compounds (日) (読) [継承]
5. (英) Threonine (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 英国王立化学会 [継承]
誌名 (必須): Chemical Communications ([英国王立化学会])
(pISSN: 1359-7345, eISSN: 1364-548X)

ISSN (任意): 1364-548X
ISSN: 1359-7345 (pISSN: 1359-7345, eISSN: 1364-548X)
Title: Chemical communications (Cambridge, England)
Title(ISO): Chem Commun (Camb)
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 58 [継承]
(必須): 17 [継承]
(必須): 2918 2921 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2022年 2月 2日 (令和 4年 2月 2日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1039/D1CC07248J    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 35138311    (→Scopusで検索) [継承]
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨): 1.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
2.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
備考 (任意): 1.(英) Article.ELocationID: 10.1039/d1cc07248j  (日)    [継承]
2.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Daiki Sato, Masaya Denda, Honoka Tsunematsu, Naonobu Tanaka, Isamu Konishi, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Late-stage macrolactonisation enabled by tandem acyl transfers followed by desulphurisation, Chemical Communications, Vol.58, No.17, 2918-2921, 2022.
欧文冊子 ● Daiki Sato, Masaya Denda, Honoka Tsunematsu, Naonobu Tanaka, Isamu Konishi, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Late-stage macrolactonisation enabled by tandem acyl transfers followed by desulphurisation, Chemical Communications, Vol.58, No.17, 2918-2921, 2022.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.17, Max(EID) = 408689, Max(EOID) = 1107469.