『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=382155)

EID=382155EID:382155, Map:0, LastModified:2021年10月21日(木) 13:50:43, Operator:[大髙 章], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大髙 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学 (2015年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.薬学研究科.創薬科学専攻 (2012年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.薬学部.創製薬科学科.創薬学講座.機能分子合成薬学 (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kobayashi Daishiroh (日) 小林 大志朗 (読) こばやし だいしろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) Kohmura Yutaka (日) 光村 豊 (読) こうむら ゆたか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3. (英) Hayashi Junya (日) 林 隼矢 (読) はやし じゅんや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.土屋 浩一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Copper (II)-mediated C-H sulphenylation or selenylation of tryptophan enabling macrocyclization of peptides  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 英国王立化学会 [継承]
誌名 (必須): Chemical Communications ([英国王立化学会])
(pISSN: 1359-7345, eISSN: 1364-548X)

ISSN (任意): 1364-548X
ISSN: 1359-7345 (pISSN: 1359-7345, eISSN: 1364-548X)
Title: Chemical communications (Cambridge, England)
Title(ISO): Chem Commun (Camb)
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 57 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 10763 10766 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2021年 9月 17日 (令和 3年 9月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1039/D1CC04856B    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 34585682    (→Scopusで検索) [継承]
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨): 1.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
2.傳田 将也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Daishiroh Kobayashi, Yutaka Kohmura, Junya Hayashi, Masaya Denda, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Copper (II)-mediated C-H sulphenylation or selenylation of tryptophan enabling macrocyclization of peptides, Chemical Communications, Vol.57, 10763-10766, 2021.
欧文冊子 ● Daishiroh Kobayashi, Yutaka Kohmura, Junya Hayashi, Masaya Denda, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka : Copper (II)-mediated C-H sulphenylation or selenylation of tryptophan enabling macrocyclization of peptides, Chemical Communications, Vol.57, 10763-10766, 2021.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.64, Max(EID) = 408621, Max(EOID) = 1107052.