『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=381073)

EID=381073EID:381073, Map:0, LastModified:2021年8月25日(水) 13:12:13, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田蒔 昌憲], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.田蒔 昌憲 ([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.検査部]/[徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 湊 将典 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.上田 紗代 ([徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.柴田 恵理子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.腎臓内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.西村 賢二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.小野 広幸
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 小幡 史明 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 山本 修三 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) (日) 滝下 佳寛 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) (日) 田蒔 正治 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.安部 秀斉
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.長井 幸二郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 急性期と慢性期ともにトシリズマブが有効であったTAFRO症候群の1例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 日本透析医学会雑誌 (日本透析医学会)
(resolved by 1340-3451)
ISSN: 1340-3451 (pISSN: 1340-3451, eISSN: 1883-082X)
Title: 日本透析医学会雑誌
Supplier: 一般社団法人 日本透析医学会
Publisher: Japanese Society for Dialysis Therapy
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1883-082X)
ISSN: 1340-3451 (pISSN: 1340-3451, eISSN: 1883-082X)
Title: 日本透析医学会雑誌
Supplier: 一般社団法人 日本透析医学会
Publisher: Japanese Society for Dialysis Therapy
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 53 [継承]
(必須): Suppl.1 [継承]
(必須): 391 391 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2020年 10月 初日 (令和 2年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 田蒔 昌憲, 湊 将典, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 小幡 史明, 山本 修三, 滝下 佳寛, 田蒔 正治, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 : 急性期と慢性期ともにトシリズマブが有効であったTAFRO症候群の1例, 日本透析医学会雑誌, Vol.53, No.Suppl.1, 391, 2020年10月.
欧文冊子 ● Masanori Tamaki, 湊 将典, Sayo Ueda, Eriko Shibata, Kenji Nishimura, Hiroyuki Ono, 小幡 史明, 山本 修三, 滝下 佳寛, 田蒔 正治, Hideharu Abe and Kojiro Nagai : 急性期と慢性期ともにトシリズマブが有効であったTAFRO症候群の1例, Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy, Vol.53, No.Suppl.1, 391, Oct. 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.14, Max(EID) = 383294, Max(EOID) = 1024468.