『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=378044)

EID=378044EID:378044, Map:0, LastModified:2021年8月4日(水) 13:49:48, Operator:[和泉 唯信], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[和泉 唯信], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (必須): 1. (英) (日) 武田薬品工業株式会社 (読)
研究者 (必須): 1. (英) (日) 菊川 裕介 (読) [継承]
2. (英) (日) 宮川 秀一 (読) [継承]
3. (英) (日) ヴァルーデ ニャネスヴァール (読) [継承]
4. (英) (日) 伊藤 達生 (読) [継承]
5. (英) (日) 岩田 雅史 (読) [継承]
6. (英) (日) 井福 正隆 (読) [継承]
7. (英) (日) 奥薗 夕海 (読) [継承]
8. (英) (日) 相良 将樹 (読) [継承]
9. (英) (日) 前島 愛 (読) [継承]
[継承]
2.徳島大学
研究者 (必須): 1.和泉 唯信 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科]) [継承]
2.藤田 浩司 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科]) [継承]
3.松井 尚子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]) [継承]
4.宮本 亮介 ([徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科]) [継承]
[継承]
種別 (必須): 企業との共同研究 [継承]
テーマ (必須): (英)   (日) 免疫学的手法を用いた筋萎縮性側索硬化症の発症メカニズムの解明:筋萎縮性側索硬化症患者の免疫プロファイリングと新規動物モデルの開発   [継承]
期間 (必須): 西暦 2020年 7月 9日 (令和 2年 7月 9日) 〜西暦 2022年 3月 末日 (令和 4年 3月 末日) [継承]
区分 (任意):
金額 (推奨): 1.3940.0千円 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 武田薬品工業株式会社 (菊川 裕介, 宮川 秀一, ヴァルーデ ニャネスヴァール, 伊藤 達生, 岩田 雅史, 井福 正隆, 奥薗 夕海, 相良 将樹, 前島 愛), 徳島大学 (和泉 唯信, 藤田 浩司, 松井 尚子, 宮本 亮介), 免疫学的手法を用いた筋萎縮性側索硬化症の発症メカニズムの解明:筋萎縮性側索硬化症患者の免疫プロファイリングと新規動物モデルの開発, 2020年7月〜2022年3月.
欧文冊子 ● 武田薬品工業株式会社 (菊川 裕介, 宮川 秀一, ヴァルーデ ニャネスヴァール, 伊藤 達生, 岩田 雅史, 井福 正隆, 奥薗 夕海, 相良 将樹, 前島 愛), Tokushima University (Yuishin Izumi, Koji Fujita, Naoko Matsui, Ryosuke Miyamoto), 免疫学的手法を用いた筋萎縮性側索硬化症の発症メカニズムの解明:筋萎縮性側索硬化症患者の免疫プロファイリングと新規動物モデルの開発, July 2020-March 2022.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.30, Max(EID) = 393922, Max(EOID) = 1067094.