『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=376929)

EID=376929EID:376929, Map:0, LastModified:2021年10月11日(月) 12:43:09, Operator:[大髙 章], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大髙 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学 (2015年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.薬科学教育部 (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Iwase Rina (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Naruse Naoto (日) 成瀬 公人 (読) なるせ なおと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3. (英) Nakagawa Miho (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Saito Risa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.重永 章
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Hara Takahiko (日) 原 孝彦 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Tanegashima Kosuke (日) 種子島 幸祐 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Identification of Functional Domains of CXCL14 Involved in High-Affinity Binding and Intracellular Transport of CpG DNA  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Immunology ([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)

ISSN (任意): 0022-1767
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J Immunol
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 207 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 459 469 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2021年 7月 15日 (令和 3年 7月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.4049/jimmunol.2100030    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Rina Iwase, Naoto Naruse, Miho Nakagawa, Risa Saito, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Takahiko Hara and Kosuke Tanegashima : Identification of Functional Domains of CXCL14 Involved in High-Affinity Binding and Intracellular Transport of CpG DNA, The Journal of Immunology, Vol.207, No.2, 459-469, 2021.
欧文冊子 ● Rina Iwase, Naoto Naruse, Miho Nakagawa, Risa Saito, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Takahiko Hara and Kosuke Tanegashima : Identification of Functional Domains of CXCL14 Involved in High-Affinity Binding and Intracellular Transport of CpG DNA, The Journal of Immunology, Vol.207, No.2, 459-469, 2021.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.46, Max(EID) = 383369, Max(EOID) = 1024700.