『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=373657)

EID=373657EID:373657, Map:0, LastModified:2021年3月19日(金) 15:14:17, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.金井 純子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamashiro Shingo (日) 山城 新吾 (読) やましろ しんご
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.三上 卓
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) FLOOD DAMAGES OF SOCIAL WELFARE FACILITIES ALONG THE OPPE RIVER DUE TO TYPHOON HAGIBIS IN 2019 AND EFFECT OF FACILITY CHARACTERISTICS ON BUSINESS CONTINUITY  (日) 令和元年東日本台風による越辺川沿いの社会福祉施設の被災と業務継続に及ぼす施設特性   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In Typhoon Hagibis in 2019, a elderly welfare facility and a welfare facility of the mentally handicapped persons suffered severe flood damage by the collapse of an embankment at the 0km point on the Oppe River. Interview surveys were conducted on these social welfare facilities regarding the damage situation, emergency response, and resumption of operations after the disaster. The inundation trace surveys and flood inundation analysis were conducted to deeply understand the actual damage situation. From these results, we focus on the difference between the characteristics of the welfare facilities for the elderly and the disability persons, extract the issues, and consider the points to consider when formulating an evacuation securement plan and a business continuity plan for social welfare facilities.  (日) 令和元年東日本台風では越辺川右岸0.0km付近の堤防決壊により,近くの高齢者施設(1法人2施設)や障害者施設(1法人6施設)が甚大な被害を受けた.被災した2法人を対象に,被害状況,避難行動,避難確保計画,被災後の業務再開状況等についてインタビュー調査を行った.また,浸水痕跡調査を実施した上で,破堤に伴う川越市内の氾濫進展状況を数値シミュレーションにより再現し,証言内容の検証を行った.高齢者施設と障害者施設の利用者の身体的特性や,避難方法,避難生活などの情報を施設特性に注目して整理し,施設特性を踏まえた避難確保計画と長期避難を想定した業務継続計画を検討しておくことの重要性について明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) evacuation ensure plan (日) 避難確保計画 (読) ひなんかくほけいかく [継承]
2. (英) flood damage (日) 洪水被害 (読) [継承]
3. (英) social welfare facilities (日) 社会福祉施設 (読) しゃかいふくししせつ [継承]
4. (英) Typhoon Hagibis in 2019 (日) 2019年台風19号 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 76 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_211 I_218 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2021年 2月 5日 (令和 3年 2月 5日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.76.2_I_211    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 金井 純子, 中野 晋, 山城 新吾, 三上 卓 : 令和元年東日本台風による越辺川沿いの社会福祉施設の被災と業務継続に及ぼす施設特性, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.76, No.2, I_211-I_218, 2021年.
欧文冊子 ● Junko Kanai, Susumu Nakano, Shingo Yamashiro and Taku Mikami : FLOOD DAMAGES OF SOCIAL WELFARE FACILITIES ALONG THE OPPE RIVER DUE TO TYPHOON HAGIBIS IN 2019 AND EFFECT OF FACILITY CHARACTERISTICS ON BUSINESS CONTINUITY, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.76, No.2, I_211-I_218, 2021.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.