『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=373653)

EID=373653EID:373653, Map:0, LastModified:2021年3月19日(金) 15:13:02, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.環境整備工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kato Shunpei (日) 加藤 駿平 (読) かとう しゅんぺい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.金井 純子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.湯浅 恭史 ([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]/[徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.徳永 雅彦 ([徳島県.県土整備部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
題名 (必須): (英) DISASTER RESPONSE OF FACILITIES FOR THE ELDERLY IN MIHARA CITY, WHICH WERE INUNDATED BY THE FLOOD OF THE NUTA RIVER  (日) 沼田川の氾濫により浸水被害を受けた三原市内の高齢者施設の災害対応   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Several elderly facilities in Mihara city, Hiroshima Prefecture were damaged by flooding in the Nuta River basin in the the heavy rain event of July 2018. Interview surveys were conducted with staff members of the disaster-affected facilities on the damage situation, evacuation behavior and business continuity after the disaster. In order to confirm the results of the interview surveys, we conducted inundation trace surveys and numerical simulation of river inundation around these facilities. From this result, the followings were found. It was difficult to cooperate with the evacuees at the facilities that served as temporary evacuation sites. There is an urgent need to build an emergency assembly system for staff, secure collaborators at the time of evacuation, and formulate an evacuation security plan for flood damage. Maintaining employment during suspension of business due to the disaster is important for business continuity.  (日) 平成30 年7 月豪雨では広島県の沼田川流域で堤防からの溢水や決壊が生じ,三原市内の複数の高齢者施設で浸水被害が発生した.そこで,被災した3 施設を対象に被害状況,水害発生時の避難行動,被災後の業務再開状況等について聞き取り調査を実施した.また,聞き取り調査から得られた浸水過程や避難行動を確認し,詳細分析を行うため,各施設周辺の浸水痕跡調査及び沼田川流域を対象とした河川氾濫数値解析も実施した.浸水エリア内の微高地に立地する施設では臨時の避難場所の役割を果たしたが,避難者との連携が課題となった.深刻な床上浸水被害を受けた施設では緊急時の職員参集体制,近隣の支援者の確保など,水害を想定した具体的な避難計画の作成が急務であることが明らかとなった.また,災害休業時における雇用対策も事業継続上重要な課題であることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) welfare facility for the elder (日) 高齢者福祉施設 (読) [継承]
2. (英) flood damage (日) 洪水災害 (読) [継承]
3. (英) evacuation plan (日) 避難計画 (読) [継承]
4. (英) business continuity (日) 事業継続 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 76 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_131 I_139 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2021年 2月 5日 (令和 3年 2月 5日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.76.2_I_131    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 加藤 駿平, 金井 純子, 中野 晋, 湯浅 恭史, 徳永 雅彦 : 沼田川の氾濫により浸水被害を受けた三原市内の高齢者施設の災害対応, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.76, No.2, I_131-I_139, 2021年.
欧文冊子 ● Shunpei Kato, Junko Kanai, Susumu Nakano, Yasufumi Yuasa and Masahiko Tokunaga : DISASTER RESPONSE OF FACILITIES FOR THE ELDERLY IN MIHARA CITY, WHICH WERE INUNDATED BY THE FLOOD OF THE NUTA RIVER, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.76, No.2, I_131-I_139, 2021.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.95, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.