『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=373152)

EID=373152EID:373152, Map:0, LastModified:2021年1月7日(木) 17:38:03, Operator:[鬼塚 正義], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[鬼塚 正義], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Kohta SATOH (日) 佐藤 康太 (読) さとう こうた
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) Hiroe Amou (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Atsuko Shimazu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.鬼塚 正義 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Improved Terminal Galactosylation of Recombinant Antibody by Extracellular Glycosylation Reaction  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 33rd Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Fuchu, Japan (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2020年 11月 18日 (令和 2年 11月 18日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● SATOH Kohta, Amou Hiroe, Shimazu Atsuko and Masayoshi Onitsuka : Improved Terminal Galactosylation of Recombinant Antibody by Extracellular Glycosylation Reaction, The 33rd Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT), (巻), (号), (頁), Fuchu, Japan, Nov. 2020.
欧文冊子 ● SATOH Kohta, Amou Hiroe, Shimazu Atsuko and Masayoshi Onitsuka : Improved Terminal Galactosylation of Recombinant Antibody by Extracellular Glycosylation Reaction, The 33rd Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT), (巻), (号), (頁), Fuchu, Japan, Nov. 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.42, Max(EID) = 374116, Max(EOID) = 1001822.