『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=373146)

EID=373146EID:373146, Map:0, LastModified:2021年1月7日(木) 16:51:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[スティーヴンズ メリディス], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Kono Chihori (日) 河野 智帆里 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.坂田 浩 ([徳島大学.高等教育研究センター.学修支援部門]/[徳島大学.国際センター]/->個人[小林 浩])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.スティーヴンズ メリディス ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Understanding Japanese EFL Students' Preferences for a Live to an Audio Delivery of Shadowing in Terms of Seligman's (2011) PERMA  (日) Seligman(2011)のPERMAを基に日本人英語学習者がライブ・シャドーイングを好む理由について考える   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Ninety-five EFL students at a Japanese university shadowed both a live and an audio-recording of a text delivered by the same teacher. Most students preferred shadowing the live delivery to the audio-recording. Their responses were organized according to Seligman's (2011) PERMA: Positive Emotion, Engagement, Relationships, Meaning and Accomplishment. The current study found that the learners preferred the live shadowing because (1) the teacher adjusted her speed and pronunciation according to the students' understanding, (2) she paid attention to the students through eye contact, facial expression, and posture, and (3) observing her lip movement was helpful when listening.  (日)    [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部言語文化研究 ([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(resolved by 1340-5632)
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-345X)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 28 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 139 164 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2020年 12月 初日 (令和 2年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 河野 智帆里, 坂田 浩, スティーヴンズ アン メリディス : Seligman(2011)のPERMAを基に日本人英語学習者がライブ・シャドーイングを好む理由について考える, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.28, 139-164, 2020年.
欧文冊子 ● Chihori Kono, Hiroshi Sakata and Meredith Anne Stephens : Understanding Japanese EFL Students' Preferences for a Live to an Audio Delivery of Shadowing in Terms of Seligman's (2011) PERMA, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.28, 139-164, 2020.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 1.91, Max(EID) = 383314, Max(EOID) = 1024559.