『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=371550)

EID=371550EID:371550, Map:0, LastModified:2020年10月26日(月) 18:08:24, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[原 佑介], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Taishi Kakizuka (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意): 1 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.原 佑介 ([徳島大学.先端研究推進センター.バイオイメージング研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意): 1 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yusaku Ohta (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Asuka mukai (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Aya Ichiraku (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yoshiyuki Arai (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Taro Ichimura (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Takeharu Nagai (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.堀川 一樹 ([徳島大学.先端研究推進センター.バイオイメージング研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Cellular logics bringing the symmetry breaking in spiral nucleation revealed by trans-scale imaging  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) trans-scale imaging (日) (読) [継承]
2. (英) cAMP (日) (読) [継承]
3. (英) spiral wave (日) (読) [継承]
4.細胞性粘菌 (Dictyostelium discoideum) [継承]
5.自己組織化 (self-organization) [継承]
6. (英) symmetry breaking (日) (読) [継承]
7. (英) excitable system (日) (読) [継承]
8. (英) growing excitability (日) (読) [継承]
9. (英) small number control (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) Cold Spring Harbor Laboratory (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) bioRxiv (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2020年 6月 初日 (令和 2年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1101/2020.06.29.176891    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kakizuka Taishi, Yusuke Hara, Ohta Yusaku, mukai Asuka, Ichiraku Aya, Arai Yoshiyuki, Ichimura Taro, Nagai Takeharu and Kazuki Horikawa : Cellular logics bringing the symmetry breaking in spiral nucleation revealed by trans-scale imaging, bioRxiv, 2020.
欧文冊子 ● Kakizuka Taishi, Yusuke Hara, Ohta Yusaku, mukai Asuka, Ichiraku Aya, Arai Yoshiyuki, Ichimura Taro, Nagai Takeharu and Kazuki Horikawa : Cellular logics bringing the symmetry breaking in spiral nucleation revealed by trans-scale imaging, bioRxiv, 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.24, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.