『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=369754)

EID=369754EID:369754, Map:0, LastModified:2020年8月24日(月) 01:32:04, Operator:[加納 史也], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[加納 史也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): 社団法人 日本口腔外科学会 [継承]
名称 (必須): (英) (日) 第59回日本口腔外科学会第14回李春根賞 (読) [継承]
組織 (推奨):
受賞者 (必須): 1.加納 史也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学])
学籍番号 (推奨):
[継承]
テーマ (必須): (英) Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Promote Recovery after Rat Spinal Cord Injury by Altering Macrophage Polarity  (日)    [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 10月 初日 (平成 25年 10月 初日) [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 加納 史也 : Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Promote Recovery after Rat Spinal Cord Injury by Altering Macrophage Polarity, 第59回日本口腔外科学会第14回李春根賞, 社団法人 日本口腔外科学会, 2013年10月.
欧文冊子 ● Fumiya Kano : Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Promote Recovery after Rat Spinal Cord Injury by Altering Macrophage Polarity, 第59回日本口腔外科学会第14回李春根賞, Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, Oct. 2013.

関連情報

Number of session users = 9, LA = 0.66, Max(EID) = 407536, Max(EOID) = 1104256.