『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=366940)

EID=366940EID:366940, Map:0, LastModified:2021年1月26日(火) 11:44:37, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学 (2015年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.谷本 幸多朗 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.森 浩喜
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.木内 奈央
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.井澤 俊
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.泰江 章博
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.峯田 一秀 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.形成外科学]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.形成外科・美容外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.石田 創士 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.形成外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.岩本 勉
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.橋本 一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.形成外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Clinico-statistical Investigation on Cleft Lip and/or Palate Patients during the Past 10 Years in the Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, Tokushima University Hospital  (日) 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査.   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) A clinical-statistical investigation was carried out with cleft lip and/or palate patients in the Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, Tokushima University Hospital, during the 10 years from April 2006 to March 2016.<br>1 The number of cleft lip and/or palate patients was 96, accounting for 6.2% of orthodontic patients during the 10 years. The patients consisted of 55 males and 41 females with a male to female ratio of 1:0.75.<br>2 The distribution of cleft type was as follows: cleft lip and palate 36.5%, cleft lip and alveolus 33.3%, cleft palate 19.8%, and cleft lip 10.4%. The unilateral cleft lip was more frequently seen on the left side than on the right side, and in males than in females.<br>3 The peak age of the first visit was 0 years (58.3%). As Hellman's dental developmental stage, the percentage of stage A was 44.8%.<br>4 As for the resident distribution, 87.5% patients came from Tokushima prefecture.<br>5 90.6% of patients were referred from the Department of Plastic and Reconstructive Surgery in Tokushima University Hospital.<br>6 By classification of crossbite, cases of type 4 (anterior crossbite) were most frequent, at 52.9%.  (日) 徳島大学病院矯正歯科に来院した口唇裂・口蓋裂患者の実態を把握する目的で,2006年4月から2016年3月までの10年間に当科を受診した口唇裂・口蓋裂患者を対象として臨床統計を行い,以下の結果を得た.<br>1.過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者は96名であり,矯正歯科総患者数の6.16%を占めていた.男女比は1:0.75であった.<br>2.裂型分類では唇顎口蓋裂(36.5%),口唇顎裂(33.3%),口蓋裂(19.8%),口唇裂(10.4%)であった.披裂部の側性は唇顎口蓋裂,口唇顎裂においては左側に,口唇裂では右側に高い割合でみられた.裂型別性差に関しては口唇裂,口唇顎裂,唇顎口蓋裂においては男子に,口蓋裂においては女子に高い割合で認められた.<br>3.初診時年齢は0歳(58.3%)が最も多く,次いで1歳(11.5%),2歳(7.3%)と続いた.初診時におけるHellmanの咬合発育段階で分類すると,乳歯咬合完成前のⅠA期(44.8%)が最も多く,次にⅠC期(32.3),ⅡA期(7.3%)と続いた.<br>4.患者の居住地の地域分布は徳島県が87.5%で最も多く認められた.<br>5.紹介元の医療施設においては,当院形成外科からの紹介が90.6%を占めていた.<br>6.交叉咬合の分類において,前歯のみが交叉咬合を呈するType 4が52.9%と最も高かった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) cleft lip and/or palate (日) 口唇裂・口蓋裂 (読) [継承]
2. (英) statistical investigation (日) 実態調査 (読) [継承]
3. (英) orthodontics (日) 矯正歯科 (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本口蓋裂学会 [継承]
誌名 (必須): 日本口蓋裂学会雑誌 ([日本口蓋裂学会])
(pISSN: 0386-5185, eISSN: 2186-5701)

ISSN (任意): 2186-5701
ISSN: 0386-5185 (pISSN: 0386-5185, eISSN: 2186-5701)
Title: 日本口蓋裂学会雑誌
Supplier: 一般社団法人 日本口蓋裂学会
 (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 44 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 1 6 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2019年 4月 25日 (平成 31年 4月 25日) [継承]
URL (任意): https://ci.nii.ac.jp/naid/130007674410/ [継承]
DOI (任意): 10.11224/cleftpalate.44.1    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130007674410 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) ISSN0386-5185  (日) 1. 谷本幸多朗,森 浩喜,木内奈央,井澤 俊,泰江章博,堀内信也,峯田一秀,石田創士,岩本 勉,橋本一郎,田中栄二(2019):徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査.日本口蓋裂学会雑誌 44(1):1-6.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 谷本 幸多朗, 森 浩喜, 木内 奈央, 井澤 俊, 泰江 章博, 堀内 信也, 峯田 一秀, 石田 創士, 岩本 勉, 橋本 一郎, 田中 栄二 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査., 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.44, No.1, 1-6, 2019年.
欧文冊子 ● Kotaro Tanimoto, Hiroki Mori, Nao Kinouchi, Takashi Izawa, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Kazuhide Mineda, Soushi Ishida, Tsutomu Iwamoto, Ichiro Hashimoto and Eiji Tanaka : A Clinico-statistical Investigation on Cleft Lip and/or Palate Patients during the Past 10 Years in the Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, Tokushima University Hospital, Journal fo Japanese Cleft Palate Association, Vol.44, No.1, 1-6, 2019.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.40, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.