『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=366822)

EID=366822EID:366822, Map:0, LastModified:2020年8月26日(水) 20:27:37, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[武田 憲昭], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Aoki Toshihito (日) 青木 俊仁 (読) あおき としひと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) (日) 伊藤 美幸 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takeyama Takaaki (日) 竹山 孝明 (読) たけやま たかあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4. (英) Sakamoto Yuki (日) 坂本 幸 (読) さかもと ゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5.島田 亜紀
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6.宇高 二良 (宇高耳鼻咽喉科医院)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.武田 憲昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.耳鼻咽喉科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Annual change in articulatory acquisition of /k/ and / / in three-year-old children  (日) 3歳児健診受診児における構音発達の経年変化 ─/K//g/を中心とした検討─   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) <p>In the present study, we investigated the articulatory acquisition in three-year-old children who received municipal medical check-up from 2011 to 2016. The percentage of three-year-old children with articulatory errors gradually increased from 59.5% in 2011 to 84.1% in 2016. Although articulation of /k/ and / / is believed to be acquired around the age of 3-year-6-month, 52.3% an 23.9% of three-year-old children enrolled in 2016 could not properly pronounce /k/ and / /, respectively. Because 24.3% and 5.4% of three-year-old children enrolled in 2011 had articulatory errors of /k/ and / /, respectively, it is suggested that the articulatory acquisition was delayed in Japanese children recently. The delayed articulatory acquisition may be related to insufficient exercise and poor communication with the adults around one in the childhood.</p>  (日) <p>平成23年度から平成28年度のA市の3歳児健診を受診した幼児の構音の誤りと誤り方の経年変化を調査した.構音に誤りのある幼児の割合は平成23年度の59.5%から平成28年度の84.1%に増加していた.3歳6か月前後に完成するとされている/k/と/ɡ/の構音に誤りのある幼児の割合は,平成23年度の24.3%と5.4%から平成28年度の52.3%と23.9%に増加していた.このことから,最近の日本の幼児の構音の獲得が遅れていることが示唆された./k/と/ɡ/の構音の誤り方に置換や未熟構音に伴う歪みが多く認められ,6年間で増加傾向を示したことに,最近の幼児の口腔習癖に伴う不正咬合,咀嚼能力,手指の協調運動,バランス能力の低下,言語発達の遅れが関与している可能性が考えられた./k/の側音化構音に伴う歪みが増加していたことに,口呼吸,異常な嚥下癖,口腔習癖の増加,健診に参画する言語聴覚士の構音の誤りの検出精度の向上が関与している可能性が考えられた.</p>   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) articulatory errors (日) 構音の誤り (読) [継承]
2. (英) speech delay (日) 未熟構音 (読) [継承]
3. (英) 3-year old children's medical check up (日) 3歳児健診 (読) [継承]
4. (英) articulatory acquisition (日) 構音の獲得 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) Japan Society for Pediatric Otorhinolaryngology (日) 日本小児耳鼻咽喉科学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 小児耳鼻咽喉科 (日本小児耳鼻咽喉科学会)
(pISSN: 0919-5858, eISSN: 2186-5957)

ISSN (任意): 0919-5858
ISSN: 0919-5858 (pISSN: 0919-5858, eISSN: 2186-5957)
Title: 小児耳鼻咽喉科
Supplier: 日本小児耳鼻咽喉科学会
 (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 40 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 256 263 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2019年 12月 初日 (令和 元年 12月 初日) [継承]
URL (任意): https://ci.nii.ac.jp/naid/130007837086/ [継承]
DOI (任意): 10.11374/shonijibi.40.256    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130007837086 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 青木 俊仁, 伊藤 美幸, 竹山 孝明, 坂本 幸, 島田 亜紀, 宇高 二良, 武田 憲昭 : 3歳児健診受診児における構音発達の経年変化 ─/K//g/を中心とした検討─, 小児耳鼻咽喉科, Vol.40, No.3, 256-263, 2019年.
欧文冊子 ● Toshihito Aoki, 伊藤 美幸, Takaaki Takeyama, Yuki Sakamoto, Aki Shimada, Jiro Udaka and Noriaki Takeda : Annual change in articulatory acquisition of /k/ and / / in three-year-old children, Padiatric Otorhinolaryngology Japan, Vol.40, No.3, 256-263, 2019.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.23, Max(EID) = 383290, Max(EOID) = 1024441.