『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=366380)

EID=366380EID:366380, Map:0, LastModified:2020年6月12日(金) 11:07:36, Operator:[合田 光寛], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[合田 光寛], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.合田 光寛 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 斉家 和仁 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Maegawa Akiko (日) 前川 晃子 (読) まえがわ あきこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4. (英) Kanda Masaya (日) 神田 将哉 (読) かんだ まさや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5. (英) Yoshida Ami (日) 吉田 愛美 (読) よしだ あみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6. (英) Murai Yoichi (日) 村井 陽一 (読) むらい よういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
7. (英) Niimura Takahiro (日) 新村 貴博 (読) にいむら たかひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
8.石澤 有紀 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.薬理学]/->個人[井澤 有紀])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.座間味 義人
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.中馬 真幸
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.武智 研志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Hamano Hirofumi (日) 濱野 裕章 (読) はまの ひろふみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
13.岡田 直人
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.福島 圭穣 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.生命薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.藤野 裕道 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.生命薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16.土屋 浩一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17.堀ノ内 裕也
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
18.池田 康将 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.薬理学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座.薬理学分野]/[徳島大学.医科学教育部.医学専攻.病態情報医学講座]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
19.楊河 宏章 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.総合臨床研究センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
20.石澤 啓介 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第4回中四国臨床薬理学会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2019年 7月 初日 (令和 元年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 合田 光寛, 斉家 和仁, 前川 晃子, 神田 将哉, 吉田 愛美, 村井 陽一, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 第4回中四国臨床薬理学会, (巻), (号), (頁), 2019年7月.
欧文冊子 ● Mitsuhiro Goda, 斉家 和仁, Akiko Maegawa, Masaya Kanda, Ami Yoshida, Yoichi Murai, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Hirofumi Hamano, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa : 医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 第4回中四国臨床薬理学会, (巻), (号), (頁), July 2019.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.16, Max(EID) = 384075, Max(EOID) = 1027452.