『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=365403)

EID=365403EID:365403, Map:0, LastModified:2020年6月4日(木) 14:24:41, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Toyoda Kotaro (日) 豊田 晃太朗 (読) とよだ こうたろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.渡辺 公次郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.山中 英生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) ANALYSIS OF RESIDENTIAL AREA CHOICE FOR NEWLY BUILT DETACHED HOUSE IN TOKUSHIMA URBAN AREA CONSIDERING DISASTER RISK, FAMILIES LIVING NEARBY, HOMETOWN  (日) 徳島都市圏での新築戸建住宅立地における災害リスク・近居・まちへの想いの影響分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) residential area (日) (読) [継承]
2. (英) tsunami disaster (日) (読) [継承]
3. (英) families living nearby (日) (読) [継承]
4. (英) hometown (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集D3(土木計画学) ([社団法人 土木學會])
(eISSN: 2185-6540)

ISSN (任意): 2185-6540
ISSN: 2185-6540 (eISSN: 2185-6540)
Title: 土木学会論文集D3(土木計画学)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 75 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): I_171 I_180 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2020年 4月 8日 (令和 2年 4月 8日) [継承]
URL (任意): https://doi.org/10.2208/jscejipm.75.6_I_171 [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejipm.75.6_I_171    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130007829596 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 奥嶋 政嗣, 豊田 晃太朗, 渡辺 公次郎, 山中 英生 : 徳島都市圏での新築戸建住宅立地における災害リスク・近居・まちへの想いの影響分析, 土木学会論文集D3(土木計画学), Vol.75, No.6, I_171-I_180, 2020年.
欧文冊子 ● Masashi Okushima, Kotaro Toyoda, Kojiro WATANABE and Hideo Yamanaka : ANALYSIS OF RESIDENTIAL AREA CHOICE FOR NEWLY BUILT DETACHED HOUSE IN TOKUSHIMA URBAN AREA CONSIDERING DISASTER RISK, FAMILIES LIVING NEARBY, HOMETOWN, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management), Vol.75, No.6, I_171-I_180, 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.38, Max(EID) = 376274, Max(EOID) = 1007890.