『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=364632)

EID=364632EID:364632, Map:0, LastModified:2020年4月9日(木) 07:16:48, Operator:[松香 芳三], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松香 芳三], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.政府.文部科学省.日本学術振興会 [継承]
研究者 (必須): 1. (英) (日) 山本由弥子 (読) [継承]
2.松香 芳三 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.顎機能咬合再建学]) [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 政府.文部科学省.日本学術振興会 [継承]
予算名 (必須): (英) (日) 基盤研究(C) (読) [継承]
予算名2 (推奨):
番号 (推奨):
課題 (必須): (英)   (日) ボツリヌス神経毒素の鎮痛効果発現における直接的作用と間接的作用   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨):
期間 (必須): 西暦 2020年 4月 1日 (令和 2年 4月 1日) 〜西暦 2022年 3月 31日 (令和 4年 3月 31日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山本由弥子 (名), 松香 芳三 : 政府 文部科学省 日本学術振興会, 基盤研究(C)・(予算名2), ボツリヌス神経毒素の鎮痛効果発現における直接的作用と間接的作用, 2020年4月〜2022年3月.
欧文冊子 ● 山本由弥子 (名) and Yoshizo Matsuka : 日本学術振興会, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Government, 基盤研究(C)(予算名2), ボツリヌス神経毒素の鎮痛効果発現における直接的作用と間接的作用, April 2020-March 2022.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.54, Max(EID) = 373395, Max(EOID) = 999180.