『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=363573)

EID=363573EID:363573, Map:0, LastModified:2020年5月19日(火) 14:41:27, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.社会基盤工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.社会基盤デザイン系 (2016年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Skurai Shono (日) 櫻井 祥之 (読) さくらい しょうの
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.小川 宏樹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) STUDY ON HANDING OF THE DISASTAR RISK IN THE RESIDECE GUIDANCE AREA DESIGNATION OF THE URBAN MASTER PLAN FOR LOCATION OF RESIDENTIAL AND URBAN FUNCTIONS  (日) 立地適正化計画の居住誘導区域指定における 災害リスクの取り扱いに関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In the Urban Master Plan for Location of Residential and Urban Functions, the concrete designated standard of the house guidance area is not shown. The judgment materials and standard have a part entrusted to each local government. The area having concern in the disaster prevention is no exception, too, and it is entrusted to the judgment of the local government about the handling of the area having a disaster risk. Object of the study is the local government which appointed a residence guidance area. It arrange a regional handling method having the risk of the disaster in the area designation. And it was aimed for that it clarify the main point to appoint a residence guidance area. As a result of this study, need to determine the handling method of the inundation assumption area by law and a guideline was shown. In addition, in the local government, the need of the handling depending on an inundation area and inundation depth became clear.  (日) 立地適正化計画における居住誘導区域には, 具体的な指定基準が示されているわけではなく, その判断材料や基準は各自治体に委ねられている部分がある. それは防災上の懸念を有するエリアも例外ではなく, 災害リスクを有する区域の取り扱いについても自治体により異なる. 本研究では居住誘導区域を指定した自治体を対象として, 区域指定時における災害の危険性を有する区域の取り扱い方法について整理し, 居住誘導区域指定の要点を明らかにすることを目的とした. 本研究の結果, 国の対応としては浸水想定区域の取り扱いについて, 法や指針で定める必要性が示唆された. また自治体の対応としては, 浸水面積や浸水深に応じた取り扱いを検討する必要性が明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) urban master plan (日) 都市計画マスタープラン (読) [継承]
2. (英) residence guidance area (日) 居住誘導区域 (読) きょじゅうゆうどうくいき [継承]
3. (英) disaster risk (日) 災害リスク (読) さいがいりすく [継承]
4. (英) inundation assumption area (日) 浸水想定区域 (読) しんすいそうていくいき [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 75 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_127 I_135 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2020年 3月 14日 (令和 2年 3月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.75.2_I_127    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130007808050 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 櫻井 祥之, 小川 宏樹, 中野 晋 : 立地適正化計画の居住誘導区域指定における 災害リスクの取り扱いに関する研究, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.75, No.2, I_127-I_135, 2020年.
欧文冊子 ● Shono Skurai, Hiroki Ogawa and Susumu Nakano : STUDY ON HANDING OF THE DISASTAR RISK IN THE RESIDECE GUIDANCE AREA DESIGNATION OF THE URBAN MASTER PLAN FOR LOCATION OF RESIDENTIAL AND URBAN FUNCTIONS, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.75, No.2, I_127-I_135, 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.