『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=363425)

EID=363425EID:363425, Map:0, LastModified:2020年10月2日(金) 17:27:50, Operator:[橋本 親典], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[橋本 親典], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.社会基盤デザイン系.構造・材料分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Urano Shinji (日) 浦野 真次 (読) うらの しんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nakata Yoshihisa (日) 中田 喜久 (読) なかた よしひさ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yanai Shuji (日) 柳井 修司 (読) やない しゅうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.橋本 親典 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Concrete Pumpng Safty and Latest Concrete Pumping Technology Development  (日) コンクリート圧送における安全および技術の動向   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Various issues related to pumping concrete with concrete pump have been pointed out.These include the occurrence of accidents and the lack of a unified pumping load calculation method. The Committee of Concrete Pumping Technologies, which gathers information on the latest trends in pumping technology, conducted as a safety study an analysis of accidents involving pumping and a survey on the status of conveying pipe management methods. Further, as an investigation of pumping plans, the Committee conducted a survey on issues related to pumping planning and regarding pumpability, it conducted a survey on differences in this regard among the concrete related guidelines of academic societies. Based on the Report of the Committee on the Concrete Pimping Technologies, published in 2016, which presents the results of two years of activities by the Committee, this paper describes findings.  (日) コンクリートポンプによる圧送では,事故の発生や圧送負荷の算定方法の統一化など課題が指摘されている.コンクリート圧送技術調査委員会では圧送技術に関する最新動向について情報収集を行い,安全性の検討として圧送にかかわる事故の分析と輸送管の管理方法の実態,圧送計画の検討として圧送計画における課題と圧送性について,さらに学協会のコンクリート指針類などの相違についてそれぞれ調査を実施した.本稿では,2年間の委員会活動の成果として2019年6月にまとめられた「コンクリート圧送技術調査委員会報告書」に基づいてその内容を解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Concrete Pump (日) コンクリートポンプ (読) [継承]
2.安全性 (safety) [継承]
3. (英) Pumping plan (日) 圧送計画 (読) [継承]
4. (英) Pumping load (日) 圧送負荷 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 社団法人 日本コンクリート工学会 (読) [継承]
誌名 (必須): コンクリート工学 ([社団法人 日本コンクリート工学協会])
(pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)

ISSN (任意): 0387-1061
ISSN: 0387-1061 (pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)
Title: コンクリート工学
Supplier: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
Publisher: Japan Concrete Institute
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 58 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 209 216 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2020年 3月 初日 (令和 2年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40022182700 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 浦野 真次, 中田 喜久, 柳井 修司, 橋本 親典 : コンクリート圧送における安全および技術の動向, コンクリート工学, Vol.58, No.3, 209-216, 2020年3月.
欧文冊子 ● Shinji Urano, Yoshihisa Nakata, Shuji Yanai and Chikanori Hashimoto : Concrete Pumpng Safty and Latest Concrete Pumping Technology Development, Concrete Journal, Vol.58, No.3, 209-216, March 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 376482, Max(EOID) = 1008283.