『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=363123)

EID=363123EID:363123, Map:0, LastModified:2020年10月26日(月) 18:21:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[阿部 彰子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.阿部 彰子 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域産婦人科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) TAKESHIMA Nobuhiro (日) 馬屋原 健司 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) UMAYAHARA Kenji (日) 山本 阿紀子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) YAMAMOTO Akiko (日) 的田 真紀 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) MATODA Maki (日) 尾松 公平 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) OMATSU Kohei (日) 加藤 一喜 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) KATO Kazuyoshi (日) 古田 玲子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) FURUTA Reiko (日) 荒井 祐司 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) ARAI Yuji (日) 杉山 裕子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) SUGIYAMA Yuko (日) 竹島 信宏 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Evaluation of residual disease in patients with cervical cancer treated by concurrent chemoradiotherapy  (日) 子宮頸癌同時化学放射線療法後の局所残存再発症例の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) <b><i>Objective</i></b> : The objective of this study was to investigate the usefulness of cytology for detecting locoregional recurrence in cervical cancer patients treated by concurrent chemoradiotherapy (CCRT).<br><b><i>Study Design</i></b> : This was a retrospective study of patients with stage Ib-IVa cervical cancer treated by CCRT. At our hospital, CCRT for cervical cancer failed in 14 patients. The cytologic and pathologic findings and MRI results before and after CCRT were evaluated, and the therapeutic response and status of local control were assessed on the basis of these evaluations.<br><b><i>Results</i></b> : The evaluations could be completed in 14 patients (including 5 with squamous cell carcinoma, 5 with adenosquamous carcinoma, and 4 with adenocarcinoma), and the accuracy of cytology for the detection of recurrence was 50% (7/14). The reason for the false-negative cytological results in the remaining patients was necrotic change in the outer layer, and the presence of local residual diseases in these patients was confirmed by pathological evaluation and/or MRI.<br><b><i>Conclusion</i></b> : Combined evaluation by cytology, pathologic examination, and MRI is useful for predicting residual disease in cervical cancer patients treated by CCRT.  (日) <b>目的</b> : 子宮頸癌に対して同時化学放射線療法 (CCRT) が広く行われている. しかし, 照射後の局所制御困難例もあり, 追加治療として根治的子宮全摘術が行われるようになってきた. このため, 局所腫瘍残存や局所再発症例の早期識別が重要である. そのための検査として細胞診, 組織診および画像診断について比較検討を行った.<br><b>方法</b> : 2005 年から 6 年間に当院で初回治療として根治的 CCRT を施行した子宮頸癌Ib 期&sim;IVa 期症例中, 局所残存もしくは局所制御後再発をきたした 19 例中, 細胞診未施行の 5 例を除外し, 14 例を対象とし, 後方視的に検討した.<br><b>成績</b> : 年齢中央値 43 歳 (32&sim;68 歳). 組織型は扁平上皮癌 5 例, 腺扁平上皮癌 5 例, 腺癌 4 例であった. 局所残存再燃症例の細胞診陽性率は 50% (7/14) であった. 細胞診陰性例では上皮細胞が経時的に減少し, 壊死組織および組織球が主体となっていた. 細胞診陽性例のなかには, MRI では病巣の描出を認めない症例も 2 例含まれていた.<br><b>結論</b> : 子宮頸癌 CCRT 後の局所判定は, 手術療法が必要な症例の早期識別のため行い, 細胞診, 組織診, MRI の併用による総合的な判断が重要であると考えられた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Uterine cervix (日) (読) [継承]
2. (英) Radiotherapy (日) (読) [継承]
3. (英) Cytology (日) (読) [継承]
4. (英) Salvage therapy (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japanese Society of Clinical Cytology (日) 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 日本臨床細胞学会雑誌 (日本臨床細胞学会)
(pISSN: 0387-1193, eISSN: 1882-7233)

ISSN (任意): 0387-1193
ISSN: 0387-1193 (pISSN: 0387-1193, eISSN: 1882-7233)
Title: 日本臨床細胞学会雑誌
Supplier: 特定非営利活動法人日本臨床細胞学会
Publisher: The Japanese Society of Clinical Cytology
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 52 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 518 525 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2013年 11月 22日 (平成 25年 11月 22日) [継承]
URL (任意): https://ci.nii.ac.jp/naid/10031203524/ [継承]
DOI (任意): 10.5795/jjscc.52.518    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10031203524 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 阿部 彰子, 馬屋原 健司, 山本 阿紀子, 的田 真紀, 尾松 公平, 加藤 一喜, 古田 玲子, 荒井 祐司, 杉山 裕子, 竹島 信宏 : 子宮頸癌同時化学放射線療法後の局所残存再発症例の検討, 日本臨床細胞学会雑誌, Vol.52, No.6, 518-525, 2013年.
欧文冊子 ● Akiko Abe, Nobuhiro TAKESHIMA, Kenji UMAYAHARA, Akiko YAMAMOTO, Maki MATODA, Kohei OMATSU, Kazuyoshi KATO, Reiko FURUTA, Yuji ARAI and Yuko SUGIYAMA : Evaluation of residual disease in patients with cervical cancer treated by concurrent chemoradiotherapy, The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology, Vol.52, No.6, 518-525, 2013.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.87, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.