『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=362963)

EID=362963EID:362963, Map:0, LastModified:2020年7月21日(火) 10:18:12, Operator:[高山 哲治], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[佐藤 康史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.佐藤 康史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域消化器・総合内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.友成 哲 ([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田中 宏典 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.安全管理部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 貴大 ([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Akihiro Hirao (日) 平尾 章博 (読) ひらお あきひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6.岡本 耕一 ([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.宮本 弘志 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.六車 直樹
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Harumi Kagiwada (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Masashi Kitazawa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Kazuhiko Fukui (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Katsuhisa Horimoto (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.高山 哲治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma beyond progression of sorafenib treatment: A real-world evidence and in vitro assessment with protein phosphorylation array  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI 2020) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): サンフランシスコ (San Francisco/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2020年 1月 24日 (令和 2年 1月 24日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1200/JCO.2020.38.4_suppl.485    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yasushi Sato, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Hirao Akihiro, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Kagiwada Harumi, Kitazawa Masashi, Fukui Kazuhiko, Horimoto Katsuhisa and Tetsuji Takayama : Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma beyond progression of sorafenib treatment: A real-world evidence and in vitro assessment with protein phosphorylation array, ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI 2020), San Francisco, Jan. 2020.
欧文冊子 ● Yasushi Sato, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Hirao Akihiro, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Kagiwada Harumi, Kitazawa Masashi, Fukui Kazuhiko, Horimoto Katsuhisa and Tetsuji Takayama : Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma beyond progression of sorafenib treatment: A real-world evidence and in vitro assessment with protein phosphorylation array, ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI 2020), San Francisco, Jan. 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.90, Max(EID) = 383970, Max(EOID) = 1027128.