『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=361099)

EID=361099EID:361099, Map:0, LastModified:2020年3月14日(土) 14:06:31, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.環境整備工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Inoue Sosuke (日) 井上 惣介 (読) いのうえ そうすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) ISSUES ON LABOR ACCIDENT COMPENSATION IN EMERGENCY CONSTRUCTION WORK BASED ON DISASTER AGREEMENTS  (日) 災害協定に基づく緊急出動業務時の 労務災害補償等のあり方   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The authors collected agreement documents (hereinafter, disaster agreement) on emergency work at the time of disaster that 47 prefectures and each construction industry association concluded, and analyzed the state of description of the disaster compensation egulations. As a result, there were 32 agreements with descriptions of provisions of damage compensation, including labor accidents, 4 agreements with descriptions of provisions of damage compensation to third parties and equipment etc., and 11 agreements without such descriptions. In other words, it was found that the disaster agreements concluded by many local governments and the Japan Construction Industry Association did not unify the handling of damage compensation for an accident etc., that occurred during an emergency relief operation at the time of a disaster.In addition, the authors conducted interview surveys with officials of the Ministry of Land, Infrastructure,Transport and Tourism, Shikoku Regional Development Bureau, the National General Contractors Association of Japan, and the General Contractors Association of Tokushima in order to understand labor compensation in a disaster emergency situation in detail. The following two points became clear as a resultof hearing investigation. (1) The Tokyo Metropolitan Government recognizes specific issues concerning compensation amount, and (2) MLIT is making preparations to newly reflect workers' compensation premiums on the budget for ordering emergency relief operations.Based on the above results, this paper presents the ideal way of compensation for labor and disastersat the time of disaster emergency relief operation.  (日) 47 都道府県と各建設業協会とが締結している災害時における応急業務に係る協定文書(災害協定)を収集し,災害補償規定の記載状況について分析した.労務災害を含む損害補償に関する規定の記述がある協定は32 件,第三者や機材等への損害補償に関する規定の記述がある協定は4 件,損害補償に関する規定の記述がない協定は11 件であった.このように多くの地方自治体と建設業協会が締結している災害協定で,災害時の緊急出動の際に発生した事故等に対する損害補償に係る対応は統一されていないことが分かった.また,災害緊急出動時における労務災害補償について詳しく把握するため,国土交通省四国地方整備局,全国建設業協会,徳島県建設業協会の関係者にヒアリング調査を行った.その結果,東京都では具体的な補償金額に関する課題が認識されていること,国土交通省では緊急出動業務の発注予算額に労災保険料を新しく反映するための準備が進んでいることなどが明らかになった.これらの結果を踏まえ,災害緊急出動時の労務災害補償のあり方について提示する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) liability for damage (日) (読) [継承]
2. (英) compensation insurance system (日) (読) [継承]
3. (英) disaster agreement (日) (読) [継承]
4. (英) interview survey (日) インタビュー調査 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 75 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_137 I_144 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2020年 3月 12日 (令和 2年 3月 12日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/75/2/75_I_137/_article/-char/ja [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.75.I_137    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 井上 惣介, 中野 晋 : 災害協定に基づく緊急出動業務時の 労務災害補償等のあり方, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.75, No.2, I_137-I_144, 2020年.
欧文冊子 ● Sosuke Inoue and Susumu Nakano : ISSUES ON LABOR ACCIDENT COMPENSATION IN EMERGENCY CONSTRUCTION WORK BASED ON DISASTER AGREEMENTS, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.75, No.2, I_137-I_144, 2020.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.45, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.