『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=360017)

EID=360017EID:360017, Map:0, LastModified:2019年10月4日(金) 17:11:09, Operator:[奥嶋 政嗣], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.社会基盤デザイン系 (2016年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hirokazu Katou (日) 加藤 博和 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Keiichi Kitazume (日) 北詰 恵一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Suil Park (日) 朴 秀日 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Study of the Change of Spatial Structure for the Realization of Renewable City as measures for Mitigation and Adaptation of Climate Change  (日) 気候変動の緩和・適応策としての都市・地域空間構造変更策の検討手法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Society of Environmental Science (日) 環境科学会 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of Annual Meeting for Society of Environmental Science 2019 (日) 環境科学会2019年会講演要旨集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 177 178 [継承]
都市 (必須): 名古屋 (Nagoya/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2019年 9月 13日 (令和 元年 9月 13日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 加藤 博和, 北詰 恵一, 朴 秀日, 奥嶋 政嗣 : 気候変動の緩和・適応策としての都市・地域空間構造変更策の検討手法, 環境科学会2019年会講演要旨集, 177-178, 2019年9月.
欧文冊子 ● Katou Hirokazu, Kitazume Keiichi, Park Suil and Masashi Okushima : A Study of the Change of Spatial Structure for the Realization of Renewable City as measures for Mitigation and Adaptation of Climate Change, Proceedings of Annual Meeting for Society of Environmental Science 2019, 177-178, Sep. 2019.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.61, Max(EID) = 376472, Max(EOID) = 1008262.