『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=356805)

EID=356805EID:356805, Map:0, LastModified:2020年8月14日(金) 15:24:45, Operator:[福本 誠二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[福本 誠二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.髙士 祐一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.小迫 英尊 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.沢津橋 俊 ([徳島大学.先端酵素学研究所.技術開発支援部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kinoshita Yuka (日) 木下 祐加 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 伊東 伸朗 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.安倍 正博
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.松久 宗英 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任)/徳島大学先端酵素学研究所長(併任))
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Kato Shigeaki (日) 加藤 茂明 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.福本 誠二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) FGFR1はFGF23濃度調節を媒介するリン感知受容体である   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第92回日本内分泌学会学術総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 95 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 333 333 [継承]
都市 (必須): 仙台 (Sendai/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2019年 5月 9日 (令和 元年 5月 9日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 髙士 祐一, 小迫 英尊, 沢津橋 俊, 木下 祐加, 伊東 伸朗, 安倍 正博, 松久 宗英, 加藤 茂明, 松本 俊夫, 福本 誠二 : FGFR1はFGF23濃度調節を媒介するリン感知受容体である, 第92回日本内分泌学会学術総会, Vol.95, No.1, 333, 2019年5月.
欧文冊子 ● Yuichi Takashi, Hidetaka Kosako, Shun Sawatsubashi, Yuka Kinoshita, 伊東 伸朗, Masahiro Abe, Munehide Matsuhisa, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Seiji Fukumoto : FGFR1はFGF23濃度調節を媒介するリン感知受容体である, 第92回日本内分泌学会学術総会, Vol.95, No.1, 333, May 2019.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.76, Max(EID) = 405269, Max(EOID) = 1099251.