『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=351606)

EID=351606EID:351606, Map:0, LastModified:2019年9月2日(月) 15:11:34, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西良 浩一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.酒井 紀典 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Tsuyoshi Goto (日) Tsuyoshi Goto (読) ごとう つよし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3. (英) Kosuke Sugiura (日) Kosuke Sugiura (読) すぎうら こうすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4.手束 文威 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.山下 一太 ([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6.髙田 洋一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.千川 隆志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.西良 浩一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Bony healing rate of stress fracture occurred in discontinuous lamina due to pars defect or spina bifida occulta.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Bony healing rate of stress fracture occurred in discontinuous lamina due to pars defect or spina bifida occulta. (日) Bony healing rate of stress fracture occurred in discontinuous lamina due to pars defect or spina bifida occulta. (読) [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 45th International Society for the Study of the Lumbar Spine Annual Meeting(May 14-18,2018) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): バンフ (Banff/[カナダ]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 5月 14日 (平成 30年 5月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Toshinori Sakai, Goto Tsuyoshi, Sugiura Kosuke, Fumitake Tezuka, Kazuta Yamashita, Yoichiro Takata, Takashi Chikawa and Koichi Sairyo : Bony healing rate of stress fracture occurred in discontinuous lamina due to pars defect or spina bifida occulta., 45th International Society for the Study of the Lumbar Spine Annual Meeting(May 14-18,2018), (巻), (号), (頁), Banff, May 2018.
欧文冊子 ● Toshinori Sakai, Goto Tsuyoshi, Sugiura Kosuke, Fumitake Tezuka, Kazuta Yamashita, Yoichiro Takata, Takashi Chikawa and Koichi Sairyo : Bony healing rate of stress fracture occurred in discontinuous lamina due to pars defect or spina bifida occulta., 45th International Society for the Study of the Lumbar Spine Annual Meeting(May 14-18,2018), (巻), (号), (頁), Banff, May 2018.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.51, Max(EID) = 383369, Max(EOID) = 1024700.