『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=351429)

EID=351429EID:351429, Map:0, LastModified:2019年5月16日(木) 10:49:37, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学 (2015年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学 (2015年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.天眞 寛文 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.寺町 順平
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.日浅 雅博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.谷本 幸多朗 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5. (英) Ashtar Mohannad (日) ASHTAR MOHANNAD (読) あしてる もはなっど
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6. (英) Bat-Erdene Ariunzaya (日) Ariunzaya Bat-Erdene (読) ありうんざや ばっと えるでね
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
7. (英) Masami Iwasa (日) 岩佐 昌美 (読) いわさ まさみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
8.原田 武志 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.中村 信元 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.三木 浩和 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.曽我部 公子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
12. (英) Masahiro Oura (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.藤井 志朗 ([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.賀川 久美子 ([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.遠藤 逸朗 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
18.安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 一般社団法人 日本血液学会 [継承]
誌名 (必須): (英) The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (日) 第80回日本血液学会学術集会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 10月 12日 (平成 30年 10月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) 13.Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Bat Erdene Ariunzaya, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe: Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL. 80301012-14().  (日) 13. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Bat Erdene Ariunzaya, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe: Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL. 第80回日本血液学会学術集会,平成30年10月12-14日,大阪(大阪国際会議場).   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL., The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Oct. 2018.
欧文冊子 ● Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL., The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, (巻), (号), (頁), Oct. 2018.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 1.19, Max(EID) = 373419, Max(EOID) = 999308.