『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=351407)

EID=351407EID:351407, Map:0, LastModified:2019年5月16日(木) 09:55:50, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学 (2015年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学 (2015年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.日浅 雅博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.寺町 順平
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.天眞 寛文 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.谷本 幸多朗 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5. (英) Ashtar Mohannad (日) ASHTAR MOHANNAD (読) あしてる もはなっど
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6. (英) Bat-Erdene Ariunzaya (日) Ariunzaya Bat-Erdene (読) ありうんざや ばっと えるでね
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
7. (英) Iwasa Masami (日) 岩佐 昌美 (読) いわさ まさみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
8.原田 武志 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.中村 信元 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.三木 浩和 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.遠藤 逸朗 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) カテプシンK阻害による多発性骨髄腫骨病変部の骨量 回復プロセスにおける骨細胞の役割.   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本骨代謝学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第36回日本骨代謝学会学術集会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 長崎 (Nagasaki/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 7月 26日 (平成 30年 7月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 10. 日浅雅博,寺町順平,天真寛文,谷本幸多朗,Mohannad Ashtar,Ariunzaya Bat-Erdene,岩佐昌美,原田武志,中村信元,三木浩和,遠藤逸朗,田中栄二,松本俊夫,安倍正博:カテプシンK阻害による多発性骨髄腫骨病変部の骨量 回復プロセスにおける骨細胞の役割. 第36回日本骨代謝学会学術集会,平成30年7月26-28日,長崎(長崎ブリックホール).   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 日浅 雅博, 寺町 順平, 天眞 寛文, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : カテプシンK阻害による多発性骨髄腫骨病変部の骨量 回復プロセスにおける骨細胞の役割., 第36回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年7月.
欧文冊子 ● Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : カテプシンK阻害による多発性骨髄腫骨病変部の骨量 回復プロセスにおける骨細胞の役割., 第36回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), July 2018.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.51, Max(EID) = 373390, Max(EOID) = 999164.