『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=350508)

EID=350508EID:350508, Map:0, LastModified:2019年4月15日(月) 19:46:25, Operator:[橋本 親典], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[橋本 親典], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.社会基盤デザイン系.構造・材料分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.橋本 親典 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 流動性を高めたコンクリート -コンクリート生産性向上に資するスランプ12cm-   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 2017年7月から,国土交通省発注のコンクリート工事において,一般の土木用コンクリートのスランプの積算基準が,8cmから12cmに変わった.これは,2016年3月に国土交通省の「コンクリート生産性向上検討協議会(会長:前川宏一横浜国立大学大学院教授)」において設置された「流動性を高めたコンクリートの活用検討委員会(委員長:筆者)」で「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」(以後,「ガイドライン」と記す)が制定され,荷卸し時のスランプの参考値として12cmが示されたためである.ガイドラインの制定にあたっては,土木学会コンクリート委員会から発刊された「施工性能指針」が,技術的根拠として大きく貢献している.本稿では,このガイドラインと施工性能指針の関係について解説する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 建設工業調査会 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) (日) ベース設計資料 土木編 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 180 [継承]
(必須):
(必須): 31 33 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2019年 3月 20日 (平成 31年 3月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 橋本 親典 : 流動性を高めたコンクリート -コンクリート生産性向上に資するスランプ12cm-, ベース設計資料 土木編, Vol.180, (号), 31-33, 2019年3月.
欧文冊子 ● Chikanori Hashimoto : 流動性を高めたコンクリート -コンクリート生産性向上に資するスランプ12cm-, ベース設計資料 土木編, Vol.180, (号), 31-33, March 2019.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.75, Max(EID) = 376450, Max(EOID) = 1008214.