『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=349746)

EID=349746EID:349746, Map:0, LastModified:2019年3月7日(木) 21:33:04, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.創新教育センター (2017年4月1日〜2019年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金井 純子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Takahashi Mari (日) 高橋 真里 (読) たかはし まり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Fujisawa Kazhito (日) 藤澤 一仁 (読) ふじさわ かずひと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Yamashiro Shingo (日) 山城 新吾 (読) やましろ しんご
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) ISSUES ON SCHOOL SAFETY MANAGEMENT AT THE TIME OF FRONTAL CON CENTRATED HEAVY RAINFALL  (日) 前線性集中豪雨発生時における学校の安全管理の課題   [継承]
副題 (任意): (英) CASE ANALYSIS OF NORTHERN KYUSHU HEAVY RAIN IN 2017  (日) 2017年九州北部豪雨の事例分析   [継承]
要約 (任意): (英) It was difficult to get home from the school because heavy rain fell in the afternoon at the 2017 northern Kyushu heavy rain. In recent years, damage caused by abnormal rainfall exceeding assumed is frequent, and safety measures for flood damage are important issues for educational institutions. In this research, we conducted hearing surveys on emergency response of elementary and junior high schools in Asakura city, Fukuoka prefecture and Hita city, Oita prefecture. From the survey results, we extracted problems on safety management for children and students at heavy rainfall. Furthermore, by examining the result of the flood analysis around the school, we examined in detail whether there was no problem in safety management. It is easy to think that it is better to let children and students go home promptly in the event of a disaster. As a result, students and guardians also faced a danger when coming home due to insufficient safety confirmation on the way back home. In order to secure safety during heavy rain, it is necessary to revise to assume that school is to wait until it becomes safe.  (日) 前線性集中豪雨ではしばしば線状降水帯が形成され,短時間に洪水氾濫が発生するケースがある.2017年九州北部豪雨では豪雨発生時と下校時間が重なり,複数の学校で下校時の安全確保が問題となった.近年,想定を超える異常降水による被害が頻発しており,水害時の安全確保対策は教育機関でも重要な課題である.本研究では2017年九州北部豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市と大分県日田市の小中学校を対象にして,浸水被害発生時の緊急対応についてヒアリング調査を実施し,児童・生徒に対する安全管理についての課題抽出を行った.さらに,学校周辺での洪水氾濫解析結果と照合することで,安全管理上の問題はなかったのかについて詳しく検討した.学校での安全管理は下校させることが前提となっているために,下校路の安全確認が不十分となり,生徒や保護者が危険にさらされるケースが発生していた.これを改善するためには下校を前提とした安全管理方法を改める必要がある.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 74 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_77 I_84 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2019年 2月 19日 (平成 31年 2月 19日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/74/2/74_I_77/_article/-char/ja [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.74.I_77    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 中野 晋, 金井 純子, 高橋 真里, 藤澤 一仁, 山城 新吾 : 前線性集中豪雨発生時における学校の安全管理の課題, --- 2017年九州北部豪雨の事例分析 ---, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.74, No.2, I_77-I_84, 2019年.
欧文冊子 ● Susumu Nakano, Junko Kanai, Mari Takahashi, Kazhito Fujisawa and Shingo Yamashiro : ISSUES ON SCHOOL SAFETY MANAGEMENT AT THE TIME OF FRONTAL CON CENTRATED HEAVY RAINFALL, --- CASE ANALYSIS OF NORTHERN KYUSHU HEAVY RAIN IN 2017 ---, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.74, No.2, I_77-I_84, 2019.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.43, Max(EID) = 376367, Max(EOID) = 1008093.