『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=349744)

EID=349744EID:349744, Map:0, LastModified:2019年3月7日(木) 21:18:55, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.創新教育センター (2017年4月1日〜2019年3月31日) [継承]
2.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.金井 純子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Survey on the actual conditions of welfare evacuation shelters in the Kumamoto earthquake  (日) 熊本地震における福祉避難所の実態調査   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) We investigated the management situation of the welfare evacuation shelters in the 2016 Kumamoto earthquake and analyzed the problems on the management of the welfare evacuation shelter. We investigated how the number of supporters for evacuees and evacuees changed for two special nursing homes in Mashiki town, Kumamoto prefecture, where welfare evacuation shelters were opened, by interview and questionnaire. During the week after the earthquake occurred, both social welfare facilities experienced great confusion. The reason was that few staff were able to go to work due to the disaster and accepted many general evacuees. In order to avoid such confusion, it is necessary to limit the acceptance of general refugees and add procedures for opening welfare evacuation shelters in BCP.  (日) この研究では2016年熊本地震における福祉避難所の運営状況について調査し,福祉避難所の運営上の課題について分析した.福祉避難所を開設した熊本県益城町の2つの特別養護老人ホームを対象に,避難者及び避難者に対する支援者の数がどのように変化したかを,聞き取りと質問票によって調査した.地震発生から1週間の間,両社会福祉施設では大きな混乱が生じた.その要因は被災によって出勤できる職員が少なかったことと多くの一般避難者を受け入れたことであった.このような混乱を避けるためには,一般避難者の受け入れの制限やBCPの中に福祉避難所の開設手順を加えることが必要である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) the 2016 Kumamoto earthquake (日) 2016年熊本地震 (読) [継承]
2. (英) welfare evacuation shelter (日) 福祉避難所 (読) [継承]
3. (英) business continuity plan (日) 事業継続計画 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 74 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_131 I_136 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2019年 2月 19日 (平成 31年 2月 19日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/74/2/74_I_131/_article/-char/ja [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.74.I_131    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 金井 純子, 中野 晋 : 熊本地震における福祉避難所の実態調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.74, No.2, I_131-I_136, 2019年.
欧文冊子 ● Junko Kanai and Susumu Nakano : Survey on the actual conditions of welfare evacuation shelters in the Kumamoto earthquake, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.74, No.2, I_131-I_136, 2019.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.43, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.