『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=348259)

EID=348259EID:348259, Map:0, LastModified:2019年7月10日(水) 13:48:01, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Hideyuki (日) 田中 秀幸 (読) たなか ひでゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Closed-loop subspace identification taking initial state into account  (日) 初期状態を考慮した閉ループ部分空間同定   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper develops a closed-loop subspace identification algorithm for the systems with the stochastic part possessing zeros close to the unit circle. The proposed algorithm estimates the system under the feedback loop, taking the effect of the initial state into account. A nonlinear optimization technique is applied for computing the Kalman gain and the covariance of the innovation. Numerical simulation shows that the proposed algorithm successfully provides models by taking the initial effect.  (日) 本論文は確率部分が単位円に近い零点をもつシステムの閉ループ部分空間同定法を開発する.提案手法は,初期状態の影響を考慮してフィードバック制御下のシステムを推定する.カルマンゲインとイノベーション過程の共分散を推定するために,非線形最適化手法を適用する.数値例により提案手法は初期値の影響を考慮することによって正しく推定モデルを与えることを示す.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) closed-loop subspace identification (日) 閉ループ部分空間同定法 (読) へいるーぷぶぶんくうかんどうていほう [継承]
2. (英) stochastic subspace identification (日) 確率部分空間同定法 (読) かくりつぶぶんくうかんどうていほう [継承]
3. (英) stochastic realization (日) 確率実現 (読) かくりつじつげん [継承]
4. (英) Kalman gain (日) カルマンゲイン (読) かるまんげいん [継承]
5. (英) covariance of innovation (日) イノベーション過程の共分散 (読) いのべーしょんかていのきょうぶんさん [継承]
発行所 (推奨): International Federation of Automatic Control [継承]
誌名 (必須): (英) 18th IFAC Sympotium on System Identification (SYSID 2018) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 604 609 [継承]
都市 (必須): ストックホルム (Stockholm/[スウェーデン王国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 7月 9日 (平成 30年 7月 9日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/j.ifacol.2018.09.229    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-85054430235 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hideyuki Tanaka and Kenji Ikeda : Closed-loop subspace identification taking initial state into account, 18th IFAC Sympotium on System Identification (SYSID 2018), (巻), (号), 604-609, Stockholm, July 2018.
欧文冊子 ● Hideyuki Tanaka and Kenji Ikeda : Closed-loop subspace identification taking initial state into account, 18th IFAC Sympotium on System Identification (SYSID 2018), (巻), (号), 604-609, Stockholm, July 2018.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.39, Max(EID) = 373277, Max(EOID) = 998582.