『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=346469)

EID=346469EID:346469, Map:0, LastModified:2018年10月11日(木) 10:09:15, Operator:[金澤 裕樹], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[金澤 裕樹], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 学士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Nagasawa Ryoko (日) 長澤 良子 (読) ながさわ りょうこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.金澤 裕樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像情報科学]/徳島大学大学院医歯薬学研究部医用画像情報科学分野)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kinjoh Yuki (日) 金城 佑奎 (読) きんじょう ゆうき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4. (英) Chiba Daiki (日) 千葉 大輝 (読) ちば だいき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5.原田 雅史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.林 裕晃
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.松元 友暉 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.芳賀 昭弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像情報科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Comparison of curve fitting models of intravoxel incoherent motion analysis for shear stiffness  (日) 硬さの検出を目的としたIntravoxel Incoherent Motion(IVIM)を用いた曲線解析モデルの比較   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 【目的】 拡散強調画像(DWI)から生体の硬さを推定するために,intravoxel incohernet motion(IVIM)手法を用いた3つの曲線解析手法を評価した. 【方法】 1.5テスラMRI装置(GE社製)にて,ファントム実験を行なった.ファントムは,異なる濃度のagar(0.75,1.0,1.5,2.0wt%)をアクリルボックスの中に配列し,1 wt%のagarで満たした.DWIはsingle shot echo planner imagingを用いて,複数のb値(0,20,50,100,200,400,600,800,1000,1200,1500 s/mm2)に設定し撮像した.MR elastography(MRE)はMR touchを用いて,ドライバー周波数120 Hzに設定し撮像した.DWIは,関心領域を各サンプル内に設定し,各b値の信号値を取得した後,mono-exponential, bi-exponential, stretched-exponentialモデルを用いて曲線解析を行い,各種パラメータ(ADC,f,D*,D,DDC,α)を算出した.このとき,MREのせん弾性率とDWIから取得した各種パラメータを比較した. 【結果】 MREから算出した0.75,1.0,1.5,2.0 wt%ファントムのせん弾性率は,6.5,10.6,30.8,40.0 kPaであった.bi-exponentialモデルから算出したD*は,MREのせん弾性率と負の相関を示した(r = 0.57).stretched-exponentialモデルから算出したα値は,MREのせん弾性率と負の相関を示した(r = 0.80). 【結論】 stretched exponential モデルを用いた拡散解析は,生体内の組織の硬さを測定するのに有用な手法である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 仙台 (Sendai/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 10月 6日 (平成 30年 10月 6日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 長澤 良子, 金澤 裕樹, 金城 佑奎, 千葉 大輝, 原田 雅史, 林 裕晃, 松元 友暉, 芳賀 昭弘 : 硬さの検出を目的としたIntravoxel Incoherent Motion(IVIM)を用いた曲線解析モデルの比較, 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年10月.
欧文冊子 ● Ryoko Nagasawa, Yuki Kanazawa, Yuki Kinjoh, Daiki Chiba, Masafumi Harada, Hiroaki Hayashi, Yuki Matsumoto and Akihiro Haga : Comparison of curve fitting models of intravoxel incoherent motion analysis for shear stiffness, 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会, (巻), (号), (頁), Oct. 2018.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.31, Max(EID) = 383385, Max(EOID) = 1024763.