『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=339837)

EID=339837EID:339837, Map:0, LastModified:2018年6月15日(金) 13:55:19, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[古屋 玲], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
主催団体 (必須):
名称 (必須): (英) (日) 国立天文台研究集会 :「星形成と銀河構造における磁場の役割」 (読) [継承]
区分1 (必須): 国内 [継承]
区分2 (必須): 主催 [継承]
種別 (必須): 学会(全国レベル) [継承]
組織 (推奨):
開催者 (必須): 1.古屋 玲 ([徳島大学.教養教育院]/徳島大学.教養教育院.准教授/国立天文台.科学研究部.客員准教授(2023年度))
役割 (必須): (英) (日) 世話人代表 (読) [継承]
[継承]
2. (英) (日) 久野 成夫 (読)
役割 (必須):
[継承]
3. (英) (日) 富阪 幸治 (読)
役割 (必須):
[継承]
4. (英) (日) 梅本 智文 (読)
役割 (必須):
[継承]
5. (英) (日) 井上 剛志 (読)
役割 (必須):
[継承]
6. (英) (日) 松村 雅文 (読)
役割 (必須):
[継承]
7. (英) (日) 町田 真美 (読)
役割 (必須):
[継承]
8. (英) (日) 和田 圭一 (読)
役割 (必須):
[継承]
9. (英) (日) 中西 裕之 (読)
役割 (必須):
[継承]
10. (英) (日) 新永 浩子 (読)
役割 (必須):
[継承]
11. (英) (日) 塚本 祐介 (読)
役割 (必須):
[継承]
参加者数 (必須): 80 [継承]
年月日 (必須): 西暦 2017年 12月 20日 (平成 29年 12月 20日) 〜西暦 2017年 12月 22日 (平成 29年 12月 22日) [継承]
開催地 (必須): (英) (日) 鹿児島大学 理学部 (読) [継承]
備考 (任意): 1.(英) http://th.nao.ac.jp/MEMBER/kataoka/kagoshima2017/  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 古屋 玲 (世話人代表), 久野 成夫 ((@.role)), 富阪 幸治 ((@.role)), 梅本 智文 ((@.role)), 井上 剛志 ((@.role)), 松村 雅文 ((@.role)), 町田 真美 ((@.role)), 和田 圭一 ((@.role)), 中西 裕之 ((@.role)), 新永 浩子 ((@.role)), 塚本 祐介 ((@.role)) : (主催団体), 主催, 国立天文台研究集会 :「星形成と銀河構造における磁場の役割」, 鹿児島大学 理学部, 2017年12月.
欧文冊子 ● Ray S. Furuya (世話人代表), 久野 成夫 ((@.role)), 富阪 幸治 ((@.role)), 梅本 智文 ((@.role)), 井上 剛志 ((@.role)), 松村 雅文 ((@.role)), 町田 真美 ((@.role)), 和田 圭一 ((@.role)), 中西 裕之 ((@.role)), 新永 浩子 ((@.role)), 塚本 祐介 ((@.role)) : (主催団体), main sponsor, 国立天文台研究集会 :「星形成と銀河構造における磁場の役割」, 鹿児島大学 理学部, Dec. 2017.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.86, Max(EID) = 405257, Max(EOID) = 1099171.