『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=339438)

EID=339438EID:339438, Map:0, LastModified:2018年5月18日(金) 17:10:45, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学 (2015年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学 (2015年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.天眞 寛文 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.寺町 順平
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 小田 明日香 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.天知 良太 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.日浅 雅博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.渡邉 佳一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Baterdene Ariunzaya (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Iwasa Masami (日) 岩佐 昌美 (読) いわさ まさみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
9.藤井 志朗 ([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.賀川 久美子 ([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.中村 信元 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.三木 浩和 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.遠藤 逸朗 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16.安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) TRAILは破骨細胞を活性化させるが,TAK1阻害により骨髄腫細胞とともに破骨細胞にもTRAILのアポトーシス誘導活性が惹起できる   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 35th Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research (oral talk) (日) 第35回 日本骨代謝学会学術集会 (読)
ISSN (任意): 1349-0761
ISSN: 1349-0761 (pISSN: 1349-0761)
Title: 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集
 (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 博多 (Hakata/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2017年 7月 29日 (平成 29年 7月 29日) [継承]
URL (任意): http://35jsbmr.com/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 12. 天真寛文, 寺町順平, 小田明日香, 天知良太, 日浅雅博, 渡邉佳一郎,Baterdene Ariunzaya, 岩佐昌美,藤井志朗,賀川久美子,中村信元, 三木浩和, 遠藤逸朗, 田中栄二, 松本俊夫, 安倍正博:TRAILは破骨細胞を活性化させるが,TAK1阻害により骨髄腫細胞とともに破骨細胞にもTRAILのアポトーシス誘導活性が惹起できる.第35回日本骨代謝学会学術集会,平成29年7月27-29日,福岡(ホテル日航福岡).   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, Ariunzaya Baterdene, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : TRAILは破骨細胞を活性化させるが,TAK1阻害により骨髄腫細胞とともに破骨細胞にもTRAILのアポトーシス誘導活性が惹起できる, 第35回 日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年7月.
欧文冊子 ● Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, 小田 明日香, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, Ariunzaya Baterdene, Masami Iwasa, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TRAILは破骨細胞を活性化させるが,TAK1阻害により骨髄腫細胞とともに破骨細胞にもTRAILのアポトーシス誘導活性が惹起できる, The 35th Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research (oral talk), (巻), (号), (頁), July 2017.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.66, Max(EID) = 373382, Max(EOID) = 999130.