『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=338026)

EID=338026EID:338026, Map:0, LastModified:2018年12月4日(火) 16:55:55, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Hideyuki (日) 田中 秀幸 (読) たなか ひでゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) An equation for estimating Kalman gain based on the finite-interval stochastic realization  (日) 有限区間確率実現に基づいたカルマンゲイン推定のための方程式   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper derives an equation for estimating the Kalman gain based on the finite-interval stochastic realization. It also proposes an algorithm for better estimates for the Kalman gain, by improving the finite-interval realization algorithm. Numerical simulation shows that the proposed algorithm successfully improves estimates of the Kalman gain.  (日) 本論文は有限区間確率実現に基づくカルマンゲインの推定するための式を導出する.また,有限区間実現アルゴリズムを改善することによって,カルマンゲインのよりよい推定のためのアルゴリズムを提案する.数値シミュレーションにより,提案アルゴリズムはカルマンゲインの推定を改善することを示す.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) stochastic realization (日) (読) [継承]
2. (英) Kalman gain (日) (読) [継承]
3. (英) finite interval realization (日) (読) [継承]
4. (英) stochastic subspace identification (日) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of SICE Annual Conference 2016 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 186 189 [継承]
都市 (必須): つくば (つくば/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2016年 9月 21日 (平成 28年 9月 21日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hideyuki Tanaka and Kenji Ikeda : An equation for estimating Kalman gain based on the finite-interval stochastic realization, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, (巻), (号), 186-189, つくば, Sep. 2016.
欧文冊子 ● Hideyuki Tanaka and Kenji Ikeda : An equation for estimating Kalman gain based on the finite-interval stochastic realization, Proceedings of SICE Annual Conference 2016, (巻), (号), 186-189, つくば, Sep. 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.89, Max(EID) = 373277, Max(EOID) = 998582.