『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=336859)

EID=336859EID:336859, Map:0, LastModified:2018年3月27日(火) 15:31:39, Operator:[平野 朋広], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[平野 朋広], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野 (2017年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kizu Ryotaro (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3. (英) Hashimoto Junpei (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4. (英) Munekane Nenji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5. (英) Miwa Yohei (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.押村 美幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.右手 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Thermally induced cationic polymerization of isobutyl vinyl ether in toluene in the presence of solvate ionic liquid  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ラジカルとリチウムカチオンとの相互作用を利用して,イソブチルビニルエーテル(IBVE)のラジカル重合を試みた. LiN(SO2CF3)2(LiNTf2)およびメタクリル酸メチル(MMA)および酢酸ビニル(VAc)のようなエステル化合物をそれぞれLi+源およびLiNTf2の溶解剤として添加した.MMAおよびVAcなどのラジカル重合性モノマーが存在するにもかかわらずカチオン重合性IBVEのホモポリマーが得られた.期待とは異なり,ラジカル機構ではなくカチオン機構で重合が進行した.しかし,このカチオン重合は珍しいことがわかった.特に,重合収率は重合温度と共に増加した. 100℃では重合が進行したが,0℃などの低温では重合は起こらなかった.したがって,本系の挙動を「熱誘起カチオン重合」と定義した.熱誘発カチオン重合のメカニズムは明確ではないが,LiNTf2とルイス塩基との間に形成される溶媒和イオン液体との相互作用によって,成長カチオンが顕著に安定化されたと考えられる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Polymer Chemistry ([英国王立化学会])
(pISSN: 1759-9954, eISSN: 1759-9962)

ISSN (任意): 1759-9954
ISSN: 1759-9954 (pISSN: 1759-9954, eISSN: 1759-9962)
Title: Polymer chemistry
Title(ISO): Polym Chem
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 9 [継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): 1421 1429 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2018年 3月 28日 (平成 30年 3月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1039/c8py00164b    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tomohiro Hirano, Ryotaro Kizu, Junpei Hashimoto, Nenji Munekane, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : Thermally induced cationic polymerization of isobutyl vinyl ether in toluene in the presence of solvate ionic liquid, Polymer Chemistry, Vol.9, No.12, 1421-1429, 2018.
欧文冊子 ● Tomohiro Hirano, Ryotaro Kizu, Junpei Hashimoto, Nenji Munekane, Yohei Miwa, Miyuki Oshimura and Koichi Ute : Thermally induced cationic polymerization of isobutyl vinyl ether in toluene in the presence of solvate ionic liquid, Polymer Chemistry, Vol.9, No.12, 1421-1429, 2018.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.23, Max(EID) = 384040, Max(EOID) = 1027378.