『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=335879)

EID=335879EID:335879, Map:0, LastModified:2018年1月23日(火) 23:05:34, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.環境整備工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Yuki (日) 田中 勇気 (読) たなか ゆうき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.湯浅 恭史 ([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]/[徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.蒋 景彩 ([徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Consideration on municipal disaster response in the 2016 Kumamoto Earthquake  (日) 平成28年熊本地震における自治体の災害対応の課題についての考察   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 自治体 (読) [継承]
2. (英) (日) BCP (読) [継承]
3. (英) (日) 災害対応 (読) [継承]
4. (英) (日) 2016年熊本地震 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 土木学会四国支部 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Nankai Earthquake and Preventive Efforts (日) 21世紀の南海地震と防災 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 79 86 [継承]
都市 (任意): (英) (日) 高松市 (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2018年 1月 17日 (平成 30年 1月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 110087 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成29年自然災害フォーラム&南海地震四国地域学術シンポジウム   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 田中 勇気, 湯浅 恭史, 蒋 景彩, 中野 晋 : 平成28年熊本地震における自治体の災害対応の課題についての考察, 21世紀の南海地震と防災, Vol.12, 79-86, 2018年.
欧文冊子 ● Yuki Tanaka, Yasufumi Yuasa, Jing-Cai Jiang and Susumu Nakano : Consideration on municipal disaster response in the 2016 Kumamoto Earthquake, Nankai Earthquake and Preventive Efforts, Vol.12, 79-86, 2018.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.19, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.