『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=335750)

EID=335750EID:335750, Map:0, LastModified:2018年11月28日(水) 16:30:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[近藤 和也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.西野 豪志 ([徳島大学.病院.先端医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.吉田 卓弘 ([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.井上 聖也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Fujiwara Satoshi (日) 藤原 聡史 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.後藤 正和 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Minato Takuya (日) 湊 拓也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.古北 由仁
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.山本 洋太
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Yuasa Yasuhiro (日) 湯浅 康弘 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Yamai Hiromichi (日) 山井 礼道 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.武知 浩和
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.鳥羽 博明 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.滝沢 宏光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.吉田 光輝 ([徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.清家 純一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16.三好 孝典
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17.丹黒 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Gender differences in clinicopathological features and prognosis of squamous cell carcinoma of the esophagus  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Esophagus (日本食道学会)
(pISSN: 1612-9059, eISSN: 1612-9067)

ISSN (任意): 1612-9059
ISSN: 1612-9059 (pISSN: 1612-9059, eISSN: 1612-9067)
Title: Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society
Title(ISO): Esophagus
Publisher: Springer Japan
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 14 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 122 130 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2017年 0月 初日 (平成 29年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1007/s10388-016-0554-4    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-84988359656 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takeshi Nishino, Takahiro Yoshida, Seiya Inoue, Satoshi Fujiwara, Masakazu Goto, Takuya Minato, Yoshihito Furukita, Yota Yamamoto, Yasuhiro Yuasa, Hiromichi Yamai, Hirokazu Takechi, Hiroaki Toba, Hiromitsu Takizawa, Mitsuteru Yoshida, Jun-ichi Seike, Takanori Miyoshi and Akira Tangoku : Gender differences in clinicopathological features and prognosis of squamous cell carcinoma of the esophagus, Esophagus, Vol.14, No.2, 122-130, 2017.
欧文冊子 ● Takeshi Nishino, Takahiro Yoshida, Seiya Inoue, Satoshi Fujiwara, Masakazu Goto, Takuya Minato, Yoshihito Furukita, Yota Yamamoto, Yasuhiro Yuasa, Hiromichi Yamai, Hirokazu Takechi, Hiroaki Toba, Hiromitsu Takizawa, Mitsuteru Yoshida, Jun-ichi Seike, Takanori Miyoshi and Akira Tangoku : Gender differences in clinicopathological features and prognosis of squamous cell carcinoma of the esophagus, Esophagus, Vol.14, No.2, 122-130, 2017.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.37, Max(EID) = 362815, Max(EOID) = 970872.