『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=335102)

EID=335102EID:335102, Map:0, LastModified:2019年5月13日(月) 22:32:38, Operator:[荒川 幸弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[荒川 幸弘], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野 (2017年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kuwahara Kazuma (日) 桒原 和磨 (読) くわはら かずま
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.大西 崇裕 ([徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.荒川 幸弘 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.今田 泰嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 鳥取 (Tottori/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2017年 11月 11日 (平成 29年 11月 11日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 桒原 和磨, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, 2017年11月.
欧文冊子 ● Kazuma Kuwahara, Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : フラビニウムカチオンのモンモリロナイトへの固定化とその触媒作用, 2017年日本化学会中国四国支部鳥取大会, Nov. 2017.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.63, Max(EID) = 359812, Max(EOID) = 963825.