『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=331383)

EID=331383EID:331383, Map:0, LastModified:2022年5月5日(木) 21:15:21, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[高山 哲治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.高山 哲治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宮本 弘志 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.六車 直樹
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Prevention of colorectal cancer  (日) 大腸癌の予防   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 食生活を改善して大腸癌を予防する1次予防では,赤身肉,加工肉,アルコール,喫煙などの危険因子を回避(または減量)すること,野菜,線維,果物,牛乳,カルシウムなどを十分に摂取するとともに,適度な運動を行うように心がけるべきである.また,大腸癌を早期に発見する2次予防では,便潜血検査や大腸内視鏡検査を受けることが重要である.大腸内視鏡検査では,前癌病変である腺腫を摘除することも癌の予防に重要である.一方,現在種々の薬剤の発癌予防効果を調べる臨床試験が行われており,近い将来,有効な予防薬が開発されることが期待される.大腸癌の3次予防としては,異時性の大腸癌予防の観点から定期検査の受診が必要である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 大腸癌 (読) [継承]
2. (英) (日) 予防 (読) [継承]
3. (英) (日) スクリーニング (読) [継承]
4. (英) chemoprevention (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 財団法人 日本消化器病学会 [継承]
誌名 (必須): 日本消化器病学会雑誌 ([財団法人 日本消化器病学会])
(pISSN: 0446-6586, eISSN: 1349-7693)

ISSN (任意): 1349-7693
ISSN: 0446-6586 (pISSN: 0446-6586, eISSN: 1349-7693)
Title: Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology
Title(ISO): Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi
Supplier: 一般財団法人 日本消化器病学会
Publisher: Japanese Society of Gastroenterology/Nihon Shokakibyo Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (J-STAGE  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 113 [継承]
(必須): 7 [継承]
(必須): 1168 1175 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2016年 7月 初日 (平成 28年 7月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130005162982/ [継承]
DOI (任意): 10.11405/nisshoshi.113.1168    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
CRID (任意): 1390001206403529600 [継承]
NAID : 130005162982 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 高山 哲治, 宮本 弘志, 六車 直樹 : 大腸癌の予防, 日本消化器病学会雑誌, Vol.113, No.7, 1168-1175, 2016年.
欧文冊子 ● Tetsuji Takayama, Hiroshi Miyamoto and Naoki Muguruma : Prevention of colorectal cancer, The Japanese Journal of Gastro-enterology, Vol.113, No.7, 1168-1175, 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.36, Max(EID) = 393912, Max(EOID) = 1067076.