『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=331270)

EID=331270EID:331270, Map:0, LastModified:2017年8月21日(月) 12:24:46, Operator:[泰江 章博], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[泰江 章博], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.泰江 章博 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.前田 有一 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.ミツイ アカギ シルビア ナオミ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.白井 愛実 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.橋本 一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.形成外科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A multidisciplinary approach to a patient with unilateral cleft lip, alvelus and palate  (日) 過大な顎裂を有する片側性唇顎蓋裂に対し集学的治療を行った1例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本口蓋裂学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 41 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 137 137 [継承]
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2016年 5月 初日 (平成 28年 5月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 泰江 章博, 前田 有一, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 白井 愛実, 堀内 信也, 橋本 一郎, 田中 栄二 : 過大な顎裂を有する片側性唇顎蓋裂に対し集学的治療を行った1例, 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.41, No.2, 137, 2016年5月.
欧文冊子 ● Akihiro Yasue, Yuichi Maeda, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Manami Shirai, Shinya Horiuchi, Ichiro Hashimoto and Eiji Tanaka : A multidisciplinary approach to a patient with unilateral cleft lip, alvelus and palate, 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.41, No.2, 137, May 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.57, Max(EID) = 360929, Max(EOID) = 966657.