『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=329513)

EID=329513EID:329513, Map:0, LastModified:2022年5月5日(木) 21:16:00, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松山 美和], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学研究科.口腔保健学専攻 (2011年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Moriya Megumi (日) 守谷 恵未 (読) もりや めぐみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.松山 美和 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔機能管理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 犬飼 順子 (読) いぬかい じゅんこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 道脇 幸博 (読) みちわき ゆきひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 岩渕 博史 (読) いわぶち ひろし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A new oral care gel to prevent aspiration during oral care  (日) 口腔ケア時の誤嚥予防の試み ―口腔ケア用ジェルの新規開発―   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) <p><b>Aim: </b>Although oral care is important in the prevention of aspiration pneumonia, the different institutions and practitioners employ various oral care methods, some of which are associated with the risk of aspiration. We have developed a new gel with the physical properties needed for waterless oral care. In the present study, we evaluated and investigated the properties and effectiveness of this gel.</p><p><b>Methods: </b>The physical properties of the trial gel and commercial moisturizing gels were compared using a VAS scale. The effects of plaque elimination were evaluated in healthy volunteers. Brushing was carried out by a dental hygienist using the gel and water. The number of throat suctions performed during brushing was also counted, and the difference was evaluated.</p><p><b>Results: </b>In the evaluation of physical characteristics, trial Gel B showed a significantly higher rating than the other gels. In plaque elimination, the rate of decrease in a modified PCR was significantly greater with the gel trial. Suctioning was also performed significantly fewer times with the trial gel.</p><p><b>Conclusions: </b>Good results were obtained with the newly developed trial Gel B with regard to the physical properties and the sensory evaluations. Its effectiveness was also confirmed in plaque elimination and in the evaluated risk of aspiration. The use of Gel B may have the potential to decrease the risk of aspiration during oral care and reduce the occurrence of aspiration pneumonia.</p>  (日) <p><b>目的:</b>口腔細菌は,誤嚥性肺炎を含めた全身の疾患と密接に関係していると考えられている.誤嚥性肺炎の予防には口腔ケアが極めて重要であるが,その方法は施設や術者により様々であり,中には誤嚥のリスクを伴う口腔ケア方法も存在する.口腔ケア中の誤嚥性肺炎起炎菌を含む洗浄水の誤嚥のリスクを低下させるため,本研究では,水を使わない口腔ケアに必要かつ適正な物性を持つジェルを開発し,その物性およびプラークの除去,咽頭への流入しにくさについて評価・検討を行った.<b>方法:</b>ジェルの物性評価は,医療従事者31名を評価者とし,VASを用いた主観的物性評価と口腔内官能評価から,試作ジェル3種類(A∼C)と市販の保湿ジェル3種類(D∼F)を比較した.プラーク除去効果の評価は,健常者20名を対象とし,物性評価において最も評価が高かったジェルをジェル使用時,水道水を水使用時とし,歯科衛生士によるブラッシングにより評価を行った.評価はModified PCRを用い,ブラッシング前後のプラークの減少率を比較した.また,ブラッシング時の吸引回数をカウントし,咽頭への流入しにくさについてジェル使用時と水使用時における差を評価した.<b>結果:</b>物性評価において,試作ジェルBはその他5種類のジェルに比べ,有意に評価が高かった.プラークの除去効果において,Modified PCRの減少率はジェル使用時の方が水使用時よりも有意に高かった.また,吸引回数はジェル使用時の方が有意に少なかった.<b>結論:</b>新規に開発した試作品ジェルBは物性評価にて良好な結果を得た.さらにプラークの除去効果や咽頭への流入しにくさにて有効性を確認した.洗浄水ではなくジェルBを使用することにより口腔ケア時に流入しにくくなる可能性があるため,今後の臨床試験に期待したい.</p>   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 口腔ケア (読) [継承]
2. (英) (日) ジェル (読) [継承]
3. (英) (日) 誤嚥性肺炎 (読) [継承]
4. (英) (日) 製品開発 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japan Geriatrics Society (日) 日本老年医学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 日本老年医学会雑誌 (社団法人 日本老年医学会)
(pISSN: 0300-9173)

ISSN (任意): 0300-9173
ISSN: 0300-9173 (pISSN: 0300-9173)
Title: Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics
Title(ISO): Nihon Ronen Igakkai Zasshi
Supplier: 一般社団法人 日本老年医学会
Publisher: Japan Geriatrics Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 53 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 347 353 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2016年 10月 末日 (平成 28年 10月 末日) [継承]
URL (任意): https://ci.nii.ac.jp/naid/130005285019/ [継承]
DOI (任意): 10.3143/geriatrics.53.347    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
CRID (任意): 1390282680002053888 [継承]
NAID : 130005285019 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 112302 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 守谷 恵未, 松山 美和, 犬飼 順子, 道脇 幸博, 岩渕 博史 : 口腔ケア時の誤嚥予防の試み ―口腔ケア用ジェルの新規開発―, 日本老年医学会雑誌, Vol.53, No.4, 347-353, 2016年.
欧文冊子 ● Megumi Moriya, Miwa Matsuyama, 犬飼 順子, 道脇 幸博 and 岩渕 博史 : A new oral care gel to prevent aspiration during oral care, Japanese Journal of Geriatrics, Vol.53, No.4, 347-353, 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.35, Max(EID) = 407324, Max(EOID) = 1103922.