『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=323479)

EID=323479EID:323479, Map:0, LastModified:2018年12月4日(火) 11:26:33, Operator:[吉田 稔], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉田 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.吉田 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 表形式からの分散表現獲得   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 表形式における単語埋め込み手法について考える.通常の文章を対象とした学習手法に比べ,表形式においては,単語の周辺文脈として,縦方向 ・ 横方向の二種類の文脈が考えられる.本稿では,これら同時に考慮した,二次元的なモデルを提案し,一次元的なモデルとの比較を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2016-NL-229 [継承]
(必須): 19 [継承]
(必須): 1 6 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2016年 12月 22日 (平成 28年 12月 22日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : 表形式からの分散表現獲得, 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告, Vol.2016-NL-229, No.19, 1-6, 2016年12月.
欧文冊子 ● Minoru Yoshida, Kazuyuki Matsumoto and Kenji Kita : 表形式からの分散表現獲得, 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告, Vol.2016-NL-229, No.19, 1-6, Dec. 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.70, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008315.