『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=323075)

EID=323075EID:323075, Map:0, LastModified:2018年4月17日(火) 11:24:00, Operator:[松久 宗英], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松久 宗英], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Ohishi Mami (日) 大石 真実 (読) おおいし まみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.谷口 諭
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 明比 祐子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.森 博康 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.玉木 悠
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.黒田 暁生 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.田蒔 基行
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Araki Michiko (日) 荒木 迪子 (読) あらき みちこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
9.阪上 浩 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.代謝栄養学]/[徳島大学.糖尿病臨床・研究開発センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.松久 宗英 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) eGFR変化量を用いた透析導入高リスク群抽出アルゴリズムの妥当性の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2016年 11月 12日 (平成 28年 11月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 大石 真実, 谷口 諭, 明比 祐子, 森 博康, 玉木 悠, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 荒木 迪子, 阪上 浩, 松久 宗英 : eGFR変化量を用いた透析導入高リスク群抽出アルゴリズムの妥当性の検討, 日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
欧文冊子 ● Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, 明比 祐子, Hiroyasu Mori, Yuu Tamaki, Akio Kuroda, Motoyuki Tamaki, Michiko Araki, Hiroshi Sakaue and Munehide Matsuhisa : eGFR変化量を用いた透析導入高リスク群抽出アルゴリズムの妥当性の検討, 日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, Nov. 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.07, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004766.