『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=322798)

EID=322798EID:322798, Map:0, LastModified:2018年3月20日(火) 11:20:22, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 学内共著 (徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.工学部.創成学習開発センター (〜2017年3月31日/->組織[徳島大学.創新教育センター]) [継承]
3.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.環境整備工学講座 (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.鳥庭 康代 ([徳島大学.環境防災研究センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金井 純子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Izutani Ena (日) 泉谷 依那 (読) いずたに えな
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
題名 (必須): (英) CENTER IN JOSO CITY BY 2015 SEPTEMBER HEAVY RAINFALL DISASTER IN KANTO AND TOHOKU AREA  (日) 2015年関東・東北豪雨による常総市内での学校・保育所等の浸水被害と再開までの取組み   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The risk management in the heavy rain disaster which occurs frequently in recent years becomes the urgent problem. Flood damage has occurred in Joso city, Ibaraki Prefecture by 2015 September heavy rainfall disaster in Kanto and Tohoku area. Emergency restoration for business continuity were performed at the school or the day-care center which received a flood damage. We were conducted the interview survey for staff of the school or the day-care centers affected by a heavy rain disaster about the disaster situation and the response of post-disaster. It's follows that it became clear. Teaching staff that gatherd urgently while evacuation directive was announced had to take refuge after school began to be flooded. There was cooperation for volunteers with the technical ability, so early school resumption became possible.  (日) 2015年関東・東北豪雨では常総市域の約半分が水没し,市役所などの主要な防災拠点や指定避難所となっている小中学校も浸水した.学校・保育所の管轄課や浸水被害を受けた学校園で避難行動と教育や保育の再開までの取り組みについて,インタビュー調査を通して浸水前の対処行動,浸水開始後の避難行動,避難所の運営支援,安否確認,学校再開までのプロセスなどについて検討した.避難指示が発令されている中,教職員は危険を冒して学校に参集して対応に当たったが,直後に浸水が始まり,避難を余儀なくされたことや専門的能力を有するボランティアの協力が早期の学校再開に有効であったこと等が明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) 2015 September heavy rainfall disaster in Kanto and Tohoku area (日) 2015年関東・東北豪雨災害 (読) [継承]
2. (英) flood damage (日) 洪水災害 (読) [継承]
3. (英) school (日) 学校 (読) [継承]
4. (英) day-care center (日) 保育所 (読) [継承]
5. (英) business continuity (日) 業務継続 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 72 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_47 I_52 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2017年 2月 22日 (平成 29年 2月 22日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/72/2/72_I_47/_article/-char/ja/ [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.72.I_47    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 鳥庭 康代, 中野 晋, 金井 純子, 泉谷 依那 : 2015年関東・東北豪雨による常総市内での学校・保育所等の浸水被害と再開までの取組み, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_47-I_52, 2017年.
欧文冊子 ● Yasuyo Toriniwa, Susumu Nakano, Junko Kanai and Ena Izutani : CENTER IN JOSO CITY BY 2015 SEPTEMBER HEAVY RAINFALL DISASTER IN KANTO AND TOHOKU AREA, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.72, No.2, I_47-I_52, 2017.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.94, Max(EID) = 376481, Max(EOID) = 1008276.