『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=322776)

EID=322776EID:322776, Map:0, LastModified:2017年2月24日(金) 06:43:11, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.創成学習開発センター (〜2017年3月31日/->組織[徳島大学.創新教育センター]) [継承]
2.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.金井 純子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nonomura Atsuko (日) 野々村 敦子 (読) ののむら あつこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Uno Kohji (日) 宇野 宏司 (読) うの こうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) CONDUCT SURVEY ABOUT EVACUATION CENTER FOR VULNERABLE PEOPLE IN SHIKOKU AREA  (日) 四国4県における福祉避難所の運営に関する実態調査   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) It is expected that the Shikoku erea district will suffer big damage by a massive earthquake in Nankai Trough in the near future. The evacuation centers for vulnerable people should be strengthened. The purpose of this research is to promote maintenance in the evacuation centers a senior citizen and a person with disabilities can use surely. It was questioned about targeted for 263 evacuation centers for vulnerable people of in four prefectures of Shikoku. It became clear that there are its result and a possibility that evacuation centers for vulnerable people can't be established. This paper is proposed about a support system and administrative support.  (日) 四国地方は,南海トラフ巨大地震で大きな被害を受けることが予想されており,避難所の機能強化が求められている.本研究では,要援護者が安心して利用できる福祉避難所の整備を推進していくために,四国4県の福祉避難所に該当する263施設を対象に,取り組み状況に関するアンケート調査を行った.その結果,マニュアル整備や訓練を実施している施設は少なく,大規模災害が発生した場合,多くの福祉避難所が開設できない恐れがあることが判明した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) evacuation center for vulnerable people (日) 福祉避難所 (読) [継承]
2. (英) Shikoku area (日) 四国地方 (読) [継承]
3. (英) a massive earthquake in Nankai Trough (日) 南海トラフ巨大地震 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 72 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_145 I_150 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2017年 2月 22日 (平成 29年 2月 22日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/72/2/72_I_145/_article/-char/ja/ [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.72.I_150    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 金井 純子, 中野 晋, 野々村 敦子, 宇野 宏司 : 四国4県における福祉避難所の運営に関する実態調査, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.72, No.2, I_145-I_150, 2017年.
欧文冊子 ● Junko Kanai, Susumu Nakano, Atsuko Nonomura and Kohji Uno : CONDUCT SURVEY ABOUT EVACUATION CENTER FOR VULNERABLE PEOPLE IN SHIKOKU AREA, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.72, No.2, I_145-I_150, 2017.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 376406, Max(EOID) = 1008142.