『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=322762)

EID=322762EID:322762, Map:0, LastModified:2019年3月24日(日) 21:33:58, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[藤澤 正一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.坊岡 正之 ([社会環境システム工学講座.人間適応工学研究室]/広島国際大学)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.藤澤 正一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 奥 英久 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.米田 郁夫 ([社会環境システム工学講座.人間適応工学研究室]/兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 車いす用タイヤ空気圧変化が操作力に与える影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 車いすの駆動用タイヤの空気圧が減少すると,使用者がハンドリムを操作する場合や介護者が手押しハンドルを操作して車いすを操作させた時に,より大きな操作力が必要となることは経験的によく知られている.本研究は,車いすがタイヤ空気圧を制御する機能を有することで,使用場面に応じて走行抵抗や乗り心地,ブレーキの効果等の最適化を可能とする基礎的研究である.本研究では,車いすの駆動輪タイヤの空気圧が適正値から減少した場合におけるハンドリム操作力の変化を計測し,両者の関係を明らかにした.また,路面環境の違いとタイヤ空気圧の減少による影響についても考察を行った.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌) ([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)

ISSN (任意): 1348-8155
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 137 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 40 45 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2017年 1月 1日 (平成 29年 1月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1541/ieejeiss.137.40    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-85009431362 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 坊岡 正之, 藤澤 正一郎, 奥 英久, 米田 郁夫 : 車いす用タイヤ空気圧変化が操作力に与える影響, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.137, No.1, 40-45, 2017年.
欧文冊子 ● Masayuki Booka, Shoichiro Fujisawa, 奥 英久 and Ikuo Yoneda : 車いす用タイヤ空気圧変化が操作力に与える影響, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.137, No.1, 40-45, 2017.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.75, Max(EID) = 371884, Max(EOID) = 994237.